大会報道

甲府インターハイ3日目② 女子学校対抗、4シードが順当にベスト8入り

2014.08.06

<インターハイ>

大会3日目は男女学校対抗3回戦から始まった。女子学校対抗では4シードの各校が順当に4回戦にコマを進めた。一方、昨年ベスト8の横浜隼人(神奈川)が札幌大谷(北海道)に敗れ、3回戦で姿を消した。


 

140804-1.jpg芝田はシングルス初出場で確実に勝利を挙げた
 
140804-2.jpg前田はラリー戦を制して、チームに勢いをつけた
 
140804-3.jpg正智深谷は1年生の弓立がで切れのあるドライブを見せた

140804-4.jpg金子はリズムよく攻撃を組み立て快勝

140804-4.jpg札幌大谷の伊藤は気迫のプレーでチームを勝利に導いた

 第1シードの四天王寺(大阪)は松商学園(長野)と対戦。トップの芝田は今大会シングルス初出場ということもあり、プレーに堅さが見られたが徐々に持ち味である両ハンドの強打が決まり始め、見事勝利。2番のキャプテン・森薗、3番のダブルスも続き、3対0のストレートで4回戦進出を決めた。

 

 第2シードの希望が丘(福岡)は芦屋学園(兵庫)との1戦に勝利。今年の東京選手権大会女子ジュニアで優勝した1年生の馬場に1点を取られたものの、前田、德永らがきっちりと勝ち星を挙げ、チームをベスト8に導いた。

 

 4シードで春の高校選抜準優勝の正智深谷(埼玉)も、日南学園(宮崎)をストレートで下し、ベスト8入り。この試合、正智深谷はトップで1年生の弓立を今大会はじめて起用する大胆オーダー。この起用に、弓立は切れ味鋭い両ハンド攻撃で応え、チームを勢いに乗せた。

 

 もう1つの4シード、愛み大瑞穂(愛知)も、トップで出場した金子が快勝した勢いに乗って聖和学園(宮城)3対0のストレートで下し、ベスト8入りを果たした。

 

 今大会注目校の1つ、札幌大谷は昨年ベスト8の横浜隼人に3対1で勝利。1対0とリードして迎えた2番では、昨日も苦戦し、調子がいま1つ上がらないエースの佐藤が美濃口の見事なカット攻略の前に敗れたが、その後、ダブルスを取って王手。4番の主将・伊藤が気迫のプレーで勝利を挙げ、熱戦に終止符を打った。

 

 県岐阜商業(岐阜)はラストまでもつれる大接戦の末、慶誠(熊本)を下してうれしいベスト8入り。2番の加藤が安藤とのエース対決をハイレベルなラリー戦の末に制した試合が大きかった。

 

 そのほか、明徳義塾(高知)が日本航空(山梨)に3対0、奈良女子(奈良)が大野(岩手)に3対0で勝利し、ベスト8にコマを進めている。

 

 4回戦はこのあと、15時から行われる予定だ。組み合わせは以下の通り

四天王寺(大阪)対札幌大谷(北海道)

明徳義塾(高知)対愛み大瑞穂(愛知)

正智深谷(埼玉)対奈良女子(奈良)

県岐阜商業(岐阜)対希望が丘(福岡)

 


卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成26年度全国高等学校総合体育大会:http://www.zen-koutairen.com/2014soutai/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

今大会の模様は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載予定です。