大会報道

インターハイ3日目④女子学校対抗準々決勝 ~四天王寺など4校が準決勝進出~

2014.08.06

<インターハイ>

大会3日目の午後3時から女子学校対抗の準々決勝が行われ、4シードの四天王寺、正智深谷、希望が丘が順当にベスト4入り。もう1つの4シード、愛み大瑞穂は明徳義塾に敗れ、準決勝進出はならなかった。

 

140804-1.jpgトップで登場の芝田は打ち合いを制した
 
140804-2.jpg阿部はバックを軸にした戦いで決勝点を挙げた
 

●四天王寺(大阪) 3対1 札幌大谷(北海道)

 第1シードの四天王寺は、今大会のダークホース・札幌大谷とベスト4入りをかけて対戦した。 トップは芝田対三橋。芝田は三橋の回り込みストレート攻撃に手を焼き、ゲームオールまでもつれる展開に。ここから芝田が得意の大きなラリー戦に持ち込んで三橋を振り切り、大事な1番を制した。2番は新鋭の三條対エース・佐藤の対決。三條は序盤、強気のスマッシュでペースを握るが、徐々に佐藤にカットの距離感をつかまれて1対3で敗れ、試合は1対1の振り出しに。しかし、地力で勝る3番の阿部/芝田のダブルス、4番の阿部が勝ち、四天王寺が順当ともいえるベスト4への切符を手にした。
 四天王寺は仮に3番か4番のどちらかを落としても、ラストに実力者の森薗が控えている。この層の厚さを踏まえると、ほかの学校が四天王寺から3点を奪って勝つのは容易ではないだろう。


 

140804-3.jpg明徳義塾が昨年ベスト4の愛み大瑞穂を破って準決勝進出

140804-4.jpg要となるダブルスを制した椛澤(右)/竹本

●明徳義塾(高知) 3対1 愛み大瑞穂(愛知)

 女子学校対抗準々決勝随一の熱戦になったこの試合は、3対1で明徳義塾が4シードの愛み大瑞穂に勝ち、準決勝へとコマを進めた。  1番は竹本対金子のオーダー。竹本は善戦するものの、愛み大瑞穂の切り込み隊長・金子の確実性の高いバックハンドに屈し、1点ビハインド。しかし、すかさず2番の熊中が緩急をつけたうまいプレーで大石を寄せ付けず、タイスコアに戻した。  勝負の分かれ目になったのが3番のダブルス。椛澤/竹本が小室/金子を安定性で上回ってゲームオールの大接戦を制し、ベスト4進出に大きく前進。続く4番も椛澤が伊藤の気迫のカットに焦ってゲームオールにもつれるが、最後は落ち着いてカットを攻略し、ベスト4進出を決めた。
 この試合では同時進行で5番も行われ、その試合もゲームオールにもつれていた。そのため、3番のダブルスの勝敗によっては愛み大瑞穂にも勝つチャンスは十分にあった。「団体戦は3番のダブルスが鍵を握る」とよくいわれるが、この一戦はそのことを改めて思い知らされる試合となった。


 

140804-3.jpg2番の平はエースとしての役割をきっちりと果たした

140804-4.jpg1年生の弓立(左)は昨日に引き続き、勝利を収めた

●正智深谷(埼玉) 3対0 奈良女子(奈良)

 正智深谷と、ノーシードから山陽女子、大野といった強豪を破って勝ち上がってきた奈良女子との準々決勝は、正智深谷が3対0のストレートで奈良女子を下し、ベスト4へ勝ち上がった。  3回戦に続き、トップに起用された1年生の弓立は、物怖じしない堂々としたプレーを披露し、横山に快勝。弓立のくせのない美しいフォームから繰り出す、安定性抜群の両ハンド攻撃には将来性が大いに感じられる。2番でもエースの平が、サウスポーでカット主戦型という池上の変則的なプレースタイルに動じず、ストレートで下して王手。続く3番の平/田口のダブルスも横山/安川に完勝し、ベスト4入りを決めた。
 正智深谷は、四天王寺・希望が丘という本命2校の陰に隠れてはいるが、春の高校選抜準優勝という成績が示す通り、優勝を狙える力が十分にある。また、今大会では成長著しい弓立が加わったことでチーム力も大幅にアップした。本命2校を差し置き、悲願の初優勝も射程圏内だ。


 

140804-3.jpgエース前田が試合の流れを引き寄せた

140804-4.jpg前田(左)/中澤のダブルスは連係のよさが光る

●希望が丘(福岡) 3対1 県岐阜商業(岐阜)

 優勝候補の一角、希望が丘と、大黒柱の加藤が引っ張る県岐阜商業の試合は、3対1で希望が丘が勝利した。  1番は趙対エースの加藤。この試合は加藤が趙にストレートで勝利。加藤はベスト8に入った今年の全日本女子シングルスのときよりもプレーの切れ味が増していて、実力者の趙をまったく寄せ付けなかった。「前田と加藤のエース対決が見たかった」というのが本音だが、両者のシングルスでの対戦を心待ちにしたい。
 1番を落としたものの、その後は希望が丘が盤石の試合運びを見せた。2番の前田が間宮に、3番の前田/中澤が加藤/和仁にそれぞれ快勝して準決勝進出に王手。続く4番の徳永も決定力の違いを見せつけて河村とのサウスポー対決を制し、希望が丘のベスト4進出を決めた。

明日の準決勝の予定は以下の通り(8/7 午前9時開始)
四天王寺-明徳義塾
正智深谷-希望が丘

 


卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成26年度全国高等学校総合体育大会:http://www.zen-koutairen.com/2014soutai/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

今大会の模様は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載予定です。