大会報道

甲府インターハイ4日目③ 男子ダブルスは坪井/三部が優勝

2014.08.07

<インターハイ>

大会4日目は男子ダブルスの4回戦から決勝までが行われ、坪井/三部が吉村/平野をゲームオールの末に下し、優勝を果たした。

 

140804-1.jpg坪井/三部が2年ぶりに青森山田にタイトルを取り戻した
 
140804-2.jpg青森山田ペアは両者の厳しいレシーブから主導権を握った

140804-2.jpg吉村/平野の野田学園ペアも攻撃力では引けを取らなかったが…

 

●坪井/三部(青森山田) -6、6、9、-7、8 吉村/平野(野田学園)

 男子ダブルス決勝は、第1シードの吉村/平野(野田学園)と第2シードの坪井/三部(青森山田)の対戦。両ペアともに準決勝では、吉村/平野が田添/弓取(希望が丘)にゲームオール、坪井/三部が渡辺/南谷(明徳義塾)にゲームオールジュースという激戦を切り抜けてきており、決勝も接戦が予想された。
 戦前の予想にたがわず、試合はゲームオールの緊迫した競り合いになった。
 第1ゲームは、立ち上がりから青森山田ペアが引き離そうとするが、野田学園ペアが吉村の豪打で追いつき、平野もしっかりつないで引き離すとそのまま11-6で先制した。タイに戻したい青森山田ペアは、第2ゲームに入ると集中力を高め直す。三部がサービスとレシーブを厳しく送り、坪井が果敢に動いて野田学園ペアのミスを誘うと、11-6で取り、試合を振り出しに戻した。続く第3ゲームは青森山田ペア、第4ゲームを野田学園ペアが取り合うと、勝負の行方は最終ゲームへ。
 青森山田ペアが序盤からよく動き、5-1と引き離す。しかし、これ以上離されたくない野田学園ペアも必死の攻撃で6-6に追いすがる。ここで、青森山田ペアがサービスエースを2本奪い、8-6と勝利を一気にたぐり寄せる。野田学園ペアは猛追するも点差が埋まらず、最後は坪井がチキータをストレートに決め、11-8で青森山田ペアが栄冠を手にした。

■坪井選手のコメント
「本当に苦しい試合が続いたので、それを乗り越えることができてよかったです。大きなラリー戦になったときに頑張ることができたことが勝因だと思います。団体とシングルスも大事ですが、ダブルスも優勝したいと思って臨みました。三部とは春の高校選抜から組んでいて、このインターハイまでダブルスの経験を積むことができたのでそれが自信になりました」

■三部選手のコメント
「試合の大事な場面で僕のミスが多く、そのときに坪井さんが決めてくれた場面が結構ありました。決勝でも、坪井さんがいいところで決めてくれたので助かりました。今年の全日本のダブルスで優勝しましたが、それは実力ではないと自覚していたので、今大会に臨むにあたってのプレッシャーはありませんでした。それでも優勝したことで自信がついたので、それが今回の優勝にもつながったと思います」


 

140804-3.jpg一発の決定力では抜群の強さを見せた田添/弓取の希望が丘ペアが3位

140804-4.jpg渡辺/南谷は準決勝で青森山田ペアに食い下がったが一歩及ばず


卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成26年度全国高等学校総合体育大会:http://www.zen-koutairen.com/2014soutai/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

今大会の模様は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載予定です。