大会報道

甲府インターハイ最終日① 男女シングルス準々決勝 ベスト4が決定

2014.08.09

<インターハイ>

大会最終日は男女シングルスの準々決勝から決勝までが行われる。準々決勝が終了し、男女シングルスのベスト4が決定した。


 

20130517-23.jpg周は三部に続き、松下を破った

<男子シングルス準々決勝>
及川(青森山田) 4-0 田添(希望が丘)
坪井(青森山田) 4-0 郡山(関西)
周(北陵) 4-2 松下(愛工大名電)
渡辺(明徳義塾) 4-1 平野(野田学園)

 安定感抜群の及川と豪打が魅力の田添の対戦は、及川がストレート勝ち。及川は台上からの厳しい攻めで田添の豪打を完ぺきに封じた。
 坪井も今年の全日本ジュニア3位の実力者・郡山にストレートで完勝。坪井はサービスやカウンターの精度で郡山を寄せつけなかった。
  昨日、シードの三部(青森山田)を倒したシェーク異質型のサウスポー・周は、裏面ドライブを操る松下と対戦。表ソフトラバーから繰り出すバックハンドの変化とミスが少ないフォアハンドで終始ペースを握り、松下に攻略のすきを与えなかった。
 渡辺対平野は打撃戦に。ラリー戦でミスが少なかった渡辺が平野に打ち勝ち、昨年に続いてベスト4に進出した。

20130517-23.jpg森は安藤との大激戦を制した
 

<女子シングルス準々決勝>
田口(正智深谷) 4-1 王(富田)
前田(希望が丘) 4-0 牛嶋(正智深谷)
森(昇陽) 4-3 安藤(慶誠)
芝田(四天王寺) 4-0 美濃口(横浜隼人)

 4回戦で昨年覇者、阿部を破った田口は王と対戦。序盤は王の長短をつけたカットに苦しんだが、第2ゲーム以降は丁寧なカット打ちとサーブからの3球目で好機をつくりだし、見事に勝利を収めた。
 前田は女子学校対抗準決勝に続いて牛嶋と対戦。第1、第2ゲームともにジュースとなるが、前田が緩急をつけたドライブで接戦をものにすると、第3ゲーム以降は思い切りよく攻め、カット主戦型の牛嶋を破った。
 森は序盤こそ回転量の多いドライブでゲームを優勢に進めるが、中盤以降は安藤の固いブロックに苦しんだ。最終ゲームも窮地に立たされたが、粘り強いドライブから逆転勝ち。準決勝進出を果たした。
 5回戦で加藤(県岐阜商業)に勝利した芝田は美濃口を相手に、厳しいコースへの両ハンドドライブを決め、4対0で快勝。4強進出を決めた。
 

この後行われる男女シングルス準決勝の組み合わせは以下の通り。

■男子シングルス準決勝
及川(青森山田)-坪井(青森山田)
周(北陵)-渡辺(明徳義塾)

■女子シングルス準決勝
田口(正智深谷) - 前田(希望が丘)
森(昇陽) - 芝田(四天王寺)


卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。


試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成25年度全国高等学校総合体育大会:http://www.fukuoka-koutairen.com/2013ih/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

今大会の模様は卓球レポート9月号(8/20発売)、および10月号(9/20発売)に掲載。