大会報道

第45回全国中学校大会最終日② 早田ひなが2連覇!!

2014.08.25

<その他の国内大会>

大会最終日は男女シングルスの3回戦(ベスト16決定戦)〜決勝が行われた。女子シングルスは早田ひな(中間東)と伊藤美誠(昇陽)の2年生対決となったが、レベルの高い打撃戦を制した早田が2連覇を飾った。

 

140822-01.jpg早田が激戦を制して2連覇!!

14-0822-02.jpg早田は強気の攻めで最終ゲームのリードを覆した

140822-03.jpg伊藤はアグレッシブに先手を取ったがわずかに及ばず
 
14-0822-02.jpg早田、自分を追い込んでの価値ある2回目の優勝
 

■女子シングルス決勝
早田ひな(中間東) -8,9,9,-7,8 伊藤美誠(昇陽)


女子シングルス決勝は昨年1年生で優勝を飾った早田ひなと同じく2年生で既に国際大会でも成績を残している伊藤美誠との対戦となった。
大会序盤から切れのある動きと鋭い両ハンドで周囲の目を引いていた早田は決勝まで危なくなく勝ち上がってきたが、第1ゲームはアグレッシブに先手を取りに来た伊藤の戦術が功を奏し、伊藤が先制。続く2ゲームも一進一退の攻防が続くが緊張感のある戦いを高い集中力をキープしてラリーで粘りを見せた早田が連取。速く攻めたい伊藤にミスが出た。第4ゲームは勝ちを意識したか、早田にミスが増え、勝負は最終ゲームに。台上から攻める伊藤が4-1とリードしたところで早田がタイムアウト。ここで落ち着きを取り戻した早田の両ハンド攻撃が決まりだし、逆転。同級生の初優勝を阻止した。
ラリーの決定力では互角の両者だったが、フィジカルの強さ、勝負どころでのメンタルの強さでわずかに上回った早田に軍配が挙がる結果となった。

■早田ひな優勝のコメント
去年は1年生で優勝して、今年はプレッシャーの中での試合でしたが無事に優勝できてよかったです。決勝の相手は強い選手だったので、自分は思いきっていくだけと思っていました。1ゲーム取られても焦りはなかったし、3ゲーム取り返せばいいと思っていました。第4ゲームは勝ちは意識していませんでしたが、手が震えてミスが出ました。5ゲーム目も1-4とリードされましたが、タイムアウトで先生から「お前のいいところは強気で攻めていくところなんだからしっかり打っていけ」と言われて、そこから打っていくことができました。勝ちを意識すると守ってしまうので1本ずつ1本ずつと自分に言いながらプレーしました。
練習のときから2連覇しないといけないと自分を追い込んできたので、優勝が決まった瞬間は超うれしかったです。来年も、2連覇を忘れて再チャレンジするつもりで3連覇に臨みたいです。


 

14-0822-02.jpg梅村は全中初のベスト4入り
 
14-0822-02.jpg木村も接戦を制して全中初の表彰台

準決勝ではバランスのよい異質攻守型の梅村(四天王寺羽曳丘)が準々決勝で木村(山陽女子)を準々決勝で破って初のベスト4入り。伊藤からも1ゲームを奪ったが、伊藤の高い攻撃力の前に敗れた。
準々決勝で大逆転勝利を収めて初のベスト4入りを果たした木村(四天王寺羽曳丘)は、準決勝で今大会団体、シングルスで活躍した笹尾(横浜隼人)との接戦を制して3位に入った。

ベスト8は以下の通り。
5位 塩見真希(四天王寺羽曳丘)
6位 笹尾明日香(横浜隼人)
7位 木村光歩(山陽女子)
8位 宮﨑翔(四天王寺羽曳丘)



卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
第45回全中 卓球:http://www.ict-tokushima.jp/chutairen/html/htdocs/?page_id=38/

今大会の模様は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載予定です。