大会報道

全日本選手権大会(カデットの部) 〜14歳以下は田中と塩見、13歳以下は張本と皆川が優勝〜

2014.11.04

<その他の国内大会>

11月2~4日、平成25年度全日本選手権大会(カデットの部)が、岡崎中央総合公園体育館(愛知)で開催され、14歳以下シングルスは男子が田中佑汰(愛工大附属中)と女子は塩見真希(ミキハウスJSC)、13歳以下シングルスは男子が張本智和(仙台ジュニアクラブ)と女子が皆川優香(昇陽中)が優勝を飾った。

【14歳以下男子シングルス】 田中佑汰がラリー戦に強さを発揮して全国初タイトル
初の決勝進出を果たした田中が初V

田中は決勝で宇田とのゲームオールの打撃戦を制した
 
宇田はリスクをおそれない攻撃的なプレーで2位に

14歳以下男子シングルスは全国大会で初の決勝進出を果たした田中(愛工大附属中)と昨年13歳以下で優勝し2階級制覇を目指す宇田(JOCエリートアカデミー)との対戦となった。試合はアグレッシブに両ハンド強打で攻める宇田に対して、ラリーに持ち込みたい田中との勝負に。1対2と後がなくなった田中だが、丁寧なストップレシーブからの展開で優位に立ち第4、5ゲームを連取し逆転優勝を決めた。
3位にはダブルスでも決勝に進出した遠藤碧人(TTC浦和)と全国中学校大会でも活躍した川村大貴(遊学館ジュニア)が入った。


【14歳以下女子シングルス】塩見真希が同士打ちを制して優勝
塩見真希が2度目の全国タイトル

塩見は同士打ちでも気迫のこもったプレーを見せた
 
先輩の芝田を思わせるフォアハンドは威力抜群

14歳以下女子シングルスは、準決勝で全中2連覇の早田を破った塩見(ミキハウス)と準々決勝で昨年の13歳以下チャンピオンの青木(ミナミラボ)を破った鈴木(ミキハウス)との同士打ち対決となった。フォア面表ソフトラバーの塩見は前陣でピッチの速いラリーで攻めるが、対する鈴木は塩見の持ち上げたボールをカウンターで狙い互角の勝負に。勝負は最終ゲームまでもつれたが、闘志を前面に出して戦った塩見が同級生対決を制して、ホープス優勝以来、2年ぶりの全国優勝を果たした。
3位には準決勝で惜しくもゲームオールジュースの熱戦に敗れた丸怜央奈(田阪卓研)と早田ひな(石田卓球クラブ)が入った。


【13歳以下男子シングルス】小5の張本智和が最年少優勝を達成
張本が「飛び級」優勝

パワーでも年長の選手に引けを取らなかった
 
柏は鋭いバックハンドを武器に決勝まで勝ち上がった

13歳以下男子シングルスは全日本ホープス・カブ・バンビで5連覇を達成中の張本智和(仙台ジュニアクラブ)と戸上隼輔(松生TTC)、小林広夢(ワイワイ卓球)らの実力者を倒して決勝に進出した柏竹琉(JOCエリートアカデミー)との対戦となった。張本は準々決勝で加山(JOCエリートアカデミー)と接戦となったほかは危なげなく勝ち上がった。試合はバック対バックのラリーで優位に立った張本が3ゲームを連取して、柏が戦術転換を図る間もなく史上最年少優勝を決めた。
3位には寺下拓海(武生第二中)と小林広夢(ワイワイ卓球)の2人のサウスポーが入った。


【13歳以下女子シングルス】皆川優香が3年ぶりの全国タイトル
皆川はカブ以来3年ぶりの全国優勝

威力のある両ハンドドライブで優勝を勝ち取った
 
ホープス王者の長﨑は皆川のパワーに屈した

13歳以下女子シングルスは3年前の全日本ホープス・カブ・バンビのカブの部と同じ組み合わせとなった。そのときは1学年上の皆川(昇陽中)が長﨑(岸田クラブ)を破って初優勝を果たしている。そして、今回も、皆川が昇陽の先輩の森さくらを思わせるずば抜けたパワーの両ハンドドライブで優勝を勝ち取った。皆川は5回戦で小学校4年生ながら優勝候補とささやかれていた木原美悠(ALL STAR)に苦戦したが、優勝にかける思いの強さで他の選手を圧倒した。バンビ、カブ、ホープスと3階級制覇を達成している長﨑はしなやかなスイングのフォアハンドドライブをバッククロスに沈めてエースを連発したが、皆川にはパワーの前に屈する形となった。
3位には三村梨奈(明徳義塾中)と出雲美空(ミキハウスJSC)が入った。


【男子ダブルス】金光高暢・宇田幸矢が優勝
金光(右)・宇田が初優勝

テクニックの宇田とパワーの金光のコンビネーションで初V
 
男子ダブルスは宇田・金光(JOCエリートアカデミー)と中橋敬人・遠藤碧人(湘工ジュニア・TTC浦和)との対戦となった。中橋・遠藤は左利き同士のペアで、大きなフットワークを駆使して決勝まで勝ち上がった。中橋・遠藤は0対2と後のないところから、動きの良さで粘り強さを発揮して2ゲーム連取。しかし、最後は宇田と金光の超カデット級のボールを抑えきれずに、宇田・金光が初優勝を決めた。
3位には竹内佑・窪龍司(青森山田中)と加山裕・柏竹琉(JOCエリートアカデミー)が入った。


【女子ダブルス】宮﨑翔・宮野彩未が優勝
宮﨑(右)・宮野が初優勝

連係のよさで他のペアに差をつけた
 
女子ダブルスは宮﨑翔・宮野彩未(ミキハウスJSC)と早田ひな・池田玲菜(石田卓球クラブ)との決勝となった。攻撃力では勝る早田・池田ペアだったが、レシーブなどの精度と豊富な練習量を感じさせる安定したプレーで、宮﨑・宮野が3対1で勝利を収め初優勝を飾った。
3位には村田咲紀・木原美悠(ALL STAR)と高田愛佳・里川奈優(明徳義塾中)が入った。


今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
滋賀県卓球協会:http://www.shiga-tta.net/
日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp/

今大会の模様は卓球レポート1月号(12/20発売)に掲載。