大会報道

2014年世界ジュニア選手権上海大会4日目③ 混合複、酒井/前田が3回戦へ

2014.12.03

<世界ジュニア選手権大会>

大会4日目は団体決勝に続いて、混合ダブルスの予選トーナメント〜決勝トーナメント2回戦までが行われた。日本から出場した2ペアは、酒井/前田が3回戦に駒を進めたが、坪井/佐藤は2回戦敗退に終わった。
 

酒井/前田はフランスペアを破りベスト16入り

アキュズ(右)の強烈なバックハンドが日本ペアに襲いかかった

坪井/佐藤は持ち味を生かせずに2回戦敗退
 
優勝候補の梁靖崑/陳可が韓国ペアに敗れる波乱
 

<混合ダブルス2回戦(日本選手関係)>
酒井/前田 9,6,-6,9 カサン/ミゴ(フランス)
アキュズ/ザリフ(フランス) 8,-9,8,6 坪井/佐藤

<混合ダブルス1回戦(日本選手関係)>
坪井/佐藤 8,3,5 ビルチェス/ロレンゾッティ(スペイン/ウルグアイ)
酒井/前田 6,6,4 アバリ/ツァン(アメリカ)

日本からは2ペアがエントリーしたが、早くも2回戦で1ペアが姿を消してしまった。
アキュズ/ザリフのフランスペアと対戦した坪井/佐藤は、佐藤のカットをアキュズに狙い打たれる展開でゲームを落とし、お互いのよさが出ないままに2回戦敗退に終わった。
酒井/前田は、つなぎのボールの質が高い前田と決定力が高い酒井のコンビネーションで、アメリカペア、フランスペアを破り3回戦進出。酒井は昨年に続きメダル獲得を目指す。

この他、優勝候補の一角だった梁靖崑/陳可(中国)が攻撃力の高い趙勝敏/金智淏(韓国)に敗れ姿を消した。3回戦は1日おいて12月5日に行われる。



卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。