大会報道

2014年世界ジュニア選手権上海大会6日目④ 女子複、日本の2ペアが3回戦へ

2014.12.05

<世界ジュニア選手権大会>

大会6日目は男女シングルスの1回戦、男女ダブルスの予選〜2回戦、混合ダブルス3回戦・準々決勝が行われる。女子ダブルスでは日本の平野/伊藤、前田/佐藤がともに3回戦進出を果たした。
 

徐々にコンビネーションがよくなってきた変則ペアの前田/佐藤

前陣連続攻撃でベスト8入り

3回戦で平野/伊藤と対戦する陳可/王曼昱(中国)

3回戦で前田/佐藤と対戦する主張暉(左)/何卓佳(中国)


<女子ダブルス2回戦>
前田/佐藤 9,7,6 フィーファー/シャスラン(フランス)
平野/伊藤 7,7,3 M.ディアス/A.ディアス(プエルトリコ)

<女子ダブルス1回戦>
前田/佐藤 5,5,4 グァン/ワン(アメリカ)
平野/伊藤 9,-9,3,-8,1 クラパ/ルプ(ルーマニア)

日本女子は2ペアが3回戦進出を決めた。平野/伊藤は1回戦でルーマニアのペアに苦戦を強いられたが終盤でコンビネーションのよさを発揮して1回戦を突破すると2回戦はプエルトリコのディアス姉妹ペアをストレートで圧倒。明日の3回戦で陳可/王曼昱(中国)と対戦。
前田/佐藤は佐藤のカットを前田が攻撃につなげて1,2回戦ともストレート勝ち。3回戦で朱朝暉/何卓佳(中国)と対戦する。



卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。