大会報道

2014年世界ジュニア選手権上海大会7日目④ 男子複、坪井/吉村は準決勝進出ならず

2014.12.06

<世界ジュニア選手権大会>

大会7日目は男女シングルスの2回戦〜準々決勝、男女ダブルス準々決勝〜準決勝、混合ダブルス準決勝が行われる。男子ダブルスは、坪井/吉村の日本ペアが中国ペアに敗れベスト8に終わった。
 

坪井/吉村は中国ペアを攻めきれずベスト8

呂翔/薛飛は左シェークと右ペンのペア

<男子ダブルス準々決勝>
彭王維/王泰威(台湾) 7,-9,12,,10,-8,4 シフエンテス/テンチ(アルゼンチン)
超勝敏/金民赫(韓国) 9,-5,7,7,-8,8 チェルノフ/イスマイロフ(ロシア)
呂翔/薛飛(中国) -10,3,9,9,8 坪井/吉村(日本)
劉丁碩/王楚欽(中国) 13,9,9,7 林学佑/楊恒韋(台湾)

日本からエントリーした1ペアはインターハイチャンピオンと全日本ジュニアチャンピオンのダブルス。第1ゲームは両者の思いきりのいい攻撃でジュースを制したものの、左利きの呂翔が随所でファインプレーを見せて、日本ペアは競り合うもののゲームを奪えずに1対4で敗れた。
南米からベスト8に残ったアルゼンチンペアは派手さはないものの大きなラリーに強さを見せて、3回戦で梁靖崑/于子洋(中国)を破った台湾ペアを苦しめたが、ベスト8でストップ。ロシアペアも攻めの速い韓国ペアに敗れベスト4をアジア勢が占めた。

<男子ダブルス準決勝>
彭王維/王泰威(台湾) 対 超勝敏/金民赫(韓国)
呂翔/薛飛(中国) 対 劉丁碩/王楚欽(中国)



卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。