大会報道

2014年世界ジュニア選手権上海大会7日目⑥ 男子単、村松が準決勝進出

2014.12.06

<世界ジュニア選手権大会>

大会7日目は男女シングルスの2回戦〜準々決勝、男女ダブルス準々決勝〜準決勝、混合ダブルス準決勝が行われる。男子シングルス準々決勝では、村松が呂翔を破り中国の一角を崩した。
 

村松、最後の世界ジュニアで初のベスト4入り

于子洋は金民赫をストレートで退けた

王皓2世の呼び声高い薛飛は梁靖崑を破り4強入り

劉丁碩はサウスポーの王楚欽をパワーボールで撃破

<男子シングルス準々決勝>
村松雄斗(日本) 9,-6,12,-9,5,3 呂翔(中国)
薛飛(中国) -5,3,-5,7,-4,9,9 梁靖崑(中国)
劉丁碩(中国) 8,7,6,-9,-7,4 王楚欽(中国)
于子洋(中国) 7,11,10,3 金民赫(韓国)

村松が4回目の世界ジュニアの男子シングルスで初のベスト4入りを果たした。
村松はサウスポーの呂翔に対して、パワードライブ、カーブロング、カットとフォア側のボールに変化をつけて呂翔にフルスイングをさせずに主導権を握った。第5ゲームからは村松のペースで2ゲームを連取。村松ただ1人が中国の牙城の一角を崩し、ベスト4に食い込んだ。
薛飛は優勝候補の梁靖崑に対して、ペンホルダーならではの裏面カウンターなどを用いてパワーボールの梁靖崑に逆転勝ち。
劉丁碩と王楚欽は中陣からの引き合いに強く、威力のある両ハンドで後輩の王楚欽を破った。
于子洋はカウンターの得意な金民赫に対して、威力のあるドライブで主導権を握りストレート勝ち。

<男子シングルス準決勝>
村松雄斗(日本) 対 薛飛(中国)
劉丁碩(中国) 対 于子洋(中国)



卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。