大会報道

2014年世界ジュニア選手権上海大会7日目⑧ 男子複、決勝は韓国対中国

2014.12.06

<世界ジュニア選手権大会>

大会7日目は男女シングルスの2回戦〜準々決勝、男女ダブルス準々決勝〜準決勝、混合ダブルス準決勝が行われた。女子シングルス準々決勝で中国ペアを破った平野/伊藤は準決勝で韓国ペアを破り決勝進出を決めた。
 

速い攻めでラリーに強い台湾ペアを圧倒した趙勝敏/金民赫

呂翔/薛飛は同士打ちを制して決勝へ


<男子ダブルス準決勝>
趙勝敏/金民赫(韓国)5,5,9,5 彭王維/王泰威(台湾)
呂翔/薛飛(中国) 5,-8,11,1,8 劉丁碩/王楚欽(中国)

趙勝敏/金民赫はラリー戦に強い台湾ペアに対して、台上から先手を取ってストレート勝ち。2回戦で于子洋/梁靖崑を破った台湾ペアだが、この試合では粘り強さを発揮することができなかった。
中国同士打ち対決は左シェークの呂翔と右ペンの薛飛のコンビネーションでパワーのある劉丁碩/王楚欽をテクニックで上回った。



卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。