大会報道

2014年世界ジュニア選手権上海大会最終日④ 混合複は王楚欽/陳幸同が優勝

2014.12.07

<世界ジュニア選手権大会>

最初に行われた決勝は混合ダブルス。中国同士の同士打ちを制して王楚欽/陳幸同が初優勝を飾った。
 

王楚欽/陳幸同が世界ジュニア初タイトル

白熱した同士打ちだが、最後はサービスミスで幕を閉じた

王楚欽のパワープレーと陳幸同のループで逆転

鋭いドライブの呂翔/王曼昱はわずかに及ばず


<混合ダブルス決勝>
王楚欽/陳幸同(中国) 9,-8,-8,8,-11,8,4 呂翔/王曼昱(中国)

男子が左利き、女子が右利きというペア同士の同士打ちとなった。序盤は攻撃力の高い呂翔/王曼昱が主導権を握り、3対2と王手をかけるが、王楚欽のパワープレーと陳幸同の回転量の多いドライブで形勢逆転。見応えのあるラリー戦となったが、最終ゲームは序盤でリードを広げた王楚欽/陳幸同が逃げ切って初優勝を飾った。



卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。