大会報道

全日本卓球2015 男子ジュニア、張本が1回戦突破

2015.01.12

<全日本卓球選手権大会>

大会初日は開会式に続いて、混合ダブルス、ジュニア女子、ジュニア男子の1回戦が行われた。ジュニア男女ではホープス、カデットなど各カテゴリーの全日本チャンピオンが1回戦から登場。

 

最年少の木原(10歳)がジュニア女子で1回戦突破
 
ホープス女王の長﨑は1回戦敗退
 
男子最年少11歳の張本が1回戦突破
 
宇田はアグレッシブな前陣プレーでストレート勝ち

 

ジュニア女子では今大会最年少出場の木原(ALL STAR)が登場。小学生離れした安定感のあるプレーで、カブチャンピオンの木原が、尾西(木更津総合高)をストレートで破り2回戦進出。一方、ホープス女王の長﨑(岸田クラブ)はカット主戦型の橋田(奈良女子高)に1対3で敗れ初戦敗退。

男子では今大会最年少出場の張本(仙台ジュニアクラブ)は、辻(白子高)と対戦。第1ゲームは辻がフォアハンド強打で攻めて優位に進め先制。しかし、第2ゲームは張本がバックハンドで先手を取って1対1とすると、巧みなサービスとチキータレシーブで張本が主導権を握り2対1とリード。第4ゲームでは打球点の早いカウンターで得点を挙げるなど多彩さも見せて3ゲームを連取し初戦を突破した。試合後の記者会見では「今回は相手のドライブをカウンターで反撃できた」と自らの成長を語ったほか、「憧れの選手は中国の樊振東。ラリーが強いところに引かれる」と、目指す卓球のスケールの大きさも垣間見せた。
注目選手の1人、カデット14歳以下2位の宇田は穴山(長野ラージヒルズ)にストレートで勝利し2回戦に駒を進めた。



詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2015/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2014/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。