大会報道

全日本卓球2015 張本がベスト8入りの快挙

2015.01.14

<全日本卓球選手権大会>

ジュニア男子で快進撃を続ける小学5年生の張本が、5回戦で松山をフルゲームの末に破りベスト8入りを決めた。

 

小学5年生の張本がベスト8入りの快挙

 
年上の選手を相手にメンタルの強さも見せた


張本智和、11歳の快進撃が止まらない。男子シングルスでは1回戦で敗れた張本だが、ジュニア男子5回戦で打ち合いに強い松山(愛工大名電高)をフルゲームの末に破り、ベスト8入りを決めた。張本は、3球目を決定力の高いフォアハンドで決めて第1ゲームを先制。第2ゲームは両ハンドフルスイングの松山が鋭いボールを決めてリードするが、張本も要所でフォアハンドをノータッチで決めてジュースに。このゲームを落としたくない両者が、立て続けにタイムアウトを取るが、15-13で張本が連取。第3ゲームも9-5とリードを広げ、勝利まであと一歩というところで、松山が6連続ポイントで逆転。第4ゲームも松山が取り返し、流れは完全に松山に傾いたかに見えたが、最終ゲームは張本が5-5から8-5と抜けだし、最後はバックハンドで3球目攻撃を決めてベスト8入りを決めた。17時30分からの準々決勝でインターハイ2位の及川(青森山田高)と対戦。


詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2015/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2014/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。