大会報道

全日本卓球2015 ジュニア男子準決勝は青森山田高と野田学園高の対決に

2015.01.14

<全日本卓球選手権大会>

小学5年生の張本の活躍が注目を浴びたジュニア男子は、張本が準々決勝で敗れ、優勝候補の三部、及川(ともに青森山田高)に勢いに乗ると怖い野田学園高の青山、伊丹が勝ち残るという結果となった。
 

優勝候補の三部は順当にベスト4入り
 
青山は廣田との接戦を制して準決勝へ
 
及川は仙台ジュニアクラブの後輩・張本を一蹴
 
伊丹は思い切りの良い中陣からの攻撃で緒方を撃破
 
張本の快進撃はベスト8でストップ


準々決勝の結果は以下の通り。
三部(青森山田高) 3-0 坂根(育英高)

青山(野田学園高) 3-2 廣田(愛工大名電高)
及川(青森山田高) 3-0 張本(仙台ジュニアクラブ)
伊丹(青森山田高) 3-1 緒方(JOCエリートアカデミー/帝京)

注目の張本は高校生の中でただ1人小学校5年生という驚くべき状況でベスト8入りを果たした。仙台ジュニアクラブ出身の先輩でもある及川との一戦は、及川が張本のフォア側を的確に攻めてストレートで勝利。3球目などで素晴らしい得点も見せたが、まだ実力の差を感じさせられる内容となった。
優勝候補の三部は、龍崎を破って8強入りを果たしたサウスポーの坂根と対戦。坂根はパワフルな両ハンドドライブで三部を台から引き離したが、三部の安定感のあるプレーを崩せずにストレート負け。青山は勝負どころでも思い切りよくスイングする野田学園らしい卓球で廣田との接戦を制して4強入り。伊丹も打ち合いに強さを見せてチキータのうまい緒方を退け初の表彰台を決めた。



詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2015/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2014/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。