大会報道

全日本卓球2015 女子シングルス、前回2位の森が初戦敗退

2015.01.15

<全日本卓球選手権大会>

女子シングルスでもスーパーシードが登場。昨年、準決勝で福原(ANA)を破り決勝進出を果たした森(昇陽高)が、山本(中央大)に敗れて初戦で姿を消した。
 

森は山本を攻め切れず初戦敗退
 
山本は固い守備と安定感のあるフォアハンドで森を攻略
 
優勝候補筆頭の石川は安藤にストレート勝ちで5回戦へ
 


女子シングルス4回戦で、昨年度の全日本で台風の目となった第2シードの森(昇陽高)が初戦敗退となった。森はミスの少ない山本(中央大)を打ち崩せずに4対1で敗れ、上位進出はならなかった。このほか、社会人チャンピオンの阿部(サンリツ)が土田美佳(中国電力)にストレートで敗れた。


詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2015/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2014/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。