大会報道

全日本卓球2015 ジュニア女子は伊藤美誠が初優勝

2015.01.15

<全日本卓球選手権大会>

タレント揃いのジュニア女子を決勝まで勝ち抜いたのはともに中学2年生の伊藤(スターツSC)と早田(石田卓球クラブ)。夏の全国中学校大会でも決勝を争った2人の再戦は、伊藤が早田に全中のリベンジを果たすという形で、ジュニア女子初優勝を飾った。
 

伊藤美誠が同世代のライバルを連破し初優勝
 
前陣でコースを突いてチャンスをつくった
 
両ハンド攻撃の早田は先手を取れず

<ジュニア女子決勝>
伊藤(スターツSC) 8,9,9 早田(石田卓球クラブ)

第1ゲームは迷わず強打で攻める伊藤に対して、固さが見える早田。序盤で伊藤が6-1と大きくリードするが、徐々に動きの良くなってきた早田がロングサービスからの攻撃で6-6に。ラリーになると伊藤が前陣でチャンスをつくって強打に結びつけて優勢に。早田は距離を取って両ハンドで対応するが押される展開で11-8で伊藤が先制。
第2ゲームは鋭いバックハンドの早田が7-3と優勢に進めるが、伊藤は前陣で高い打球点で攻めてついて行く。9-7で早田がチャンスボールをスマッシュミス。エッジインのラッキーボールで伊藤が追いつくと、伊藤がサービスエース。早田がループドライブをオーバーミスして、伊藤が2対0と王手。
第3ゲームも伊藤ペース。前陣で振り回す伊藤に対して、早田は中陣からのフットワークを使った連打で応戦。1-4から5-5に追いつく。クロスゲームを制したのは要所でフォアハンド強打を決めた伊藤。全中のリベンジを果たして全日本ジュニア女子初優勝を飾った。

木村は全中に続いて早田に敗れての3位
 
平野は勝機を逃しての悔しい敗戦

<ジュニア女子準決勝>
早田(石田卓球クラブ) 9,9,9 木村(ミキハウスJSC)
伊藤(スターツSC)5,-10,-5,4,12  平野(JOCエリートアカデミー)

木村は全中でも準決勝で対戦した早田に、どのゲームも競り合う物の一歩及ばずストレート負け。タレント揃いの世代で目立たないが、中学生でベスト4は立派な成績。
伊藤対平野はレベルの高いラリー戦となったが、最終ゲーム9-7と平野がリードしたところで3度のマッチポイントを握るが決めきれずに、伊藤が1度目のマッチポイントを物にして逆転勝ち。勝機を逃した平野はベンチで悔し涙を流した。

 

 



詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2015/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2014/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。