大会報道

全日本卓球2015 ジュニア男子は及川瑞基が初優勝

2015.01.15

<全日本卓球選手権大会>

青森山田高勢の同士打ちとなったジュニア男子決勝は、何度も全国大会の決勝を戦ってきたライバル同士の戦いとなったが、落ち着いたプレーで勝負強さを見せた及川がストレートで三部を退け、ジュニアチャンピオンに輝いた。
 

及川、決勝でライバルの三部を下して初優勝
 
果敢に攻めた三部だが及川にしのがれた
 

<ジュニア男子決勝>
及川(青森山田高) 11,9,10 三部(青森山田高)

ともに手の内を知り尽くした者同士、探り合いなしのぶつかり合いとなった。
第1ゲームは威力のあるフォアハンドドライブで思い切りよく攻める三部の優勢で進むが、ラリーでの安定感で勝る及川が逆転して13-11で先行。
第2ゲームは及川の強打にミスが出て、三部がリード。8-4と点差を広げるが、エッジインなど及川にラッキーなボールが続き8-8に。三部にミスが出て及川が10-8とゲームポイント。三部は回り込んでフォアハンドドライブを決めて1本しのぐが、及川はバックストレートへのドライブに素早く反応してクロスにカウンターを決めて11-9で優勝に王手。
第3ゲームは点差の広がらない展開となるが、6-6から及川がリスクを負った攻撃を決めて8-6とリード。三部は粘りを見せて7-10から10-10と追いつくが、及川はフォアハンドドライブの打ち合いを制し11-10、バック対バックから三部のフォア側を突いて12-10とし初優勝を決めた。

青山は思い切りのいいフォアハンドドライブ
 
伊丹は中陣から両ハンドドライブで攻めた

<ジュニア男子準決勝>
三部(青森山田高) 5,-10,8,7 青山(野田学園高)
及川(青森山田高) -7,5,7,8 伊丹(野田学園高)

青山は思いきり振り抜くフォアハンドドライブを武器に三部を攻めたが、オールラウンドにプレーできる三部が青山の猛攻をしのいで2年ぶり2度目の決勝進出を果たした。
伊丹は中陣からも威力のある両ハンドドライブで及川を苦しめたが、及川が前陣でコースを突いて対応。3ゲームを連取し初の決勝進出を果たした。



詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2015/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2014/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。