大会報道

全日本卓球2015 〜渋谷浩の眼④ ミスを恐れないプレーで及川がジュニア男子を制す〜

2015.01.15

<全日本卓球選手権大会>

1月12〜18日まで東京体育館で開催されている平成26年度全日本選手権大会(一般・ジュニアの部)。大会4日目が終わり、ジュニア男子は及川瑞基(青森山田高)が優勝を飾った。ジュニア男子の戦いについて、平成11年度全日本チャンピオンの渋谷浩が大会を振り返った。


 ジュニア男子は及川(青森山田高)が決勝でミスを恐れない強気なプレーを見せ、三部(青森山田高)との同士打ちを制しました。

第1、第2ゲームともに序盤は三部がリードする展開になりましたが、ミスを恐れない及川のプレーに対して、三部はミスを重ねてしまいました。及川は打球点の早い攻撃で優位に立ちました。

 三部は惜しくも敗れましたが、準決勝での青山(野田学園高)戦は、前陣での積極的なプレーをする青山に対して粘り強く戦い、決勝進出を決めました。非常に安定感のある選手だけに今後も多くの大会での活躍に期待したいですね。青山も力のあるスイングで三部を追いつめるプレーを見せました。どこからでも威力のあるボールを打つスタイルは今後の可能性を感じさせました。

 青山と同じく、伊丹も中後陣から力強いボールで及川と接戦を演じました。決勝進出はなりませんでしたが、大健闘のベスト4だと思います。

 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2015/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2014/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。