大会報道

全日本卓球2015 〜渋谷浩の眼⑤ 接戦を勝ち抜いた伊藤がジュニア女子の王者に〜

2015.01.15

<全日本卓球選手権大会>

1月12〜18日まで東京体育館で開催されている平成26年度全日本選手権大会(一般・ジュニアの部)。大会4日目が終わり、ジュニア女子は伊藤美誠(スターツSC)が優勝を飾った。ジュニア女子の戦いについて、平成11年度全日本チャンピオンの渋谷浩が大会を振り返った。


 ジュニア女子では伊藤が見事に初優勝を飾りました。決勝では、大舞台に動じることなく、両サイドに厳しいボールを打球して相手を左右に揺さぶる自分の持ち味を存分に発揮していたと思います。大会を通じて接戦を勝ち抜いてきたことが、決勝という舞台でも自分のプレーを貫くことができた要因だと思います。

 反対に早田(石田卓球クラブ)は決勝の雰囲気に飲まれていたように感じました。力強いスイングで威力のあるボールを打つのが得意な選手ですが、決勝では少し強引なプレーが目立ち、ミスが重なってしまいました。わずかの差ではありましたが、両者の精神状態が勝敗を左右しました。

 伊藤は準決勝の平野(JOCエリートアカデミー)との死闘を切り抜けたことも良い精神状態で臨めた一因だと思います。平野は敗れはしましたが、要所でフォアサイドに強打を決めるプレーが光っていました。最後はミスが続いてしまいましたが、伊藤の打球点の早い速攻に対しても前陣で粘り強く両ハンドを振り抜いていました。最後は強気の姿勢を崩さなかった伊藤に軍配が上がりましたが、どちらに勝利が転んでもおかしくない好試合だったと思います。

 もう一方の早田対木村(ミキハウスJSC)の試合は、伊藤対平野と同様に随所で好ラリーが見られました。最後はボールの威力で早田が上回りましたが、木村もそつがない安定感のあるプレーで早田に迫りました。今後のさらなるレベルアップに期待したいですね。

 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2015/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2014/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。