大会報道

全日本卓球2015 平野/石川が高校生ペアを退け2連覇

2015.01.17

<全日本卓球選手権大会>

女子ダブルス決勝は2度の優勝に輝いている平野/石川と抜群のコンビネーションで社会人ペアを連破して勝ち上がってきた阿部/森薗の高校生ペアとの対戦となったが、平野/石川が意地のプレーで高校生ペアの挑戦を退けて、2年連続、3度目の優勝を飾った。
 

平野/石川が3度目のダブルス王者の座を獲得
 
チャンピオンの意地を見せた平野/石川
 
阿部/森薗は抜群のコンビネーションで王者を追い詰めた
 


<女子ダブルス決勝>
平野/石川(ミキハウス/全農) 11-6,9-11,7-11,14-12,11-8 阿部/森薗(四天王寺高)

決勝は、先輩ペアの平野/石川が落ち着いたプレーで先制。第2ゲームは競り合いとなるが、9-9から森薗が思い切りのよい3球目攻撃を決めて11-9とし1対1に。第3ゲームは、出だしから勢いに乗った高校生ペアが4-0とリード。阿部のスマッシュや森薗のフットワークを生かしたフォアハンドで得点を重ね、11-7と逆転。第4ゲームも、高校生ペアが思い切りのよいプレーで攻めるが、平野/石川は落ち着いて緩急や回転量の多いボールでミスを誘い、8-4とリード。阿部のバック面の変化ボールに平野のミスが出て、8-7となったところで平野/石川がタイムアウト。平野/石川は意地のプレーで10-8とゲームポイント。しかし、ネットインしたボールを阿部が決めてジュースに。平野/石川はゲームポイントを逃しながらも、意地のプレーで14-12とし、勝負は最終ゲームへ。
平野/石川が5-3リードで折り返すが、コートチェンジで高校生ペアに有利な組み合わせに。しかし、平野/石川がしっかりと回転をかけたボールで攻めて10-6とマッチポイント。高校生ペアはテンポの速い連続攻撃で2点を返し10-8。最後は阿部のバックブロックを平野がしゃがみ込みながらフォアハンドドライブし、2年連続、3回目の優勝を決めた。
石川は混合ダブルスと二冠を達成。目標としている三冠まであと一つと迫った。

■平野早矢香/石川佳純のコメント
平野「昨日今日と苦しい試合の連続でしたが、去年の倍くらいうれしいですね。2人で力を合わせてお互いに助け合って勝ち取った優勝だと思います。自分としては4ゲーム目が苦しかったんですけど、競った場面で取ることができたので、5ゲーム目でまた新しくスタートする気持ちでプレーできました。
相手は勢いだけじゃなくて、ボールをしっかり入れてきて私たちも苦しかったですし、強いペアでした。
今回若い選手が活躍していますが、彼女たちから学ぶこともたくさんあって、これから一緒に試合に出る中でお互いに成長していきたいと思います」

石川「決勝戦はすごく苦しい試合でしたが、平野さんに引っ張ってもらって最後勝つことができてすごくうれしいです。2ゲーム目9本で落としてしまって苦しくなりましたが、4ゲーム目で話し合いながらプレーできたことがよかったと思います。思っていた以上に思い切り向かって、すごく強く、自分の中学・高校時代を思い出しました。
明日のシングルスも受け止めるのではなく、向かっていく気持ちで自分自身に勝てるようにしたいです」

■森薗美月/阿部愛莉のコメント
森薗「相手が格上の選手だったので、悔いのないように試合しようと話していました。競ってきたときに相手の強さを身をもって感じたし、悔しさも大きいですが、自信にはなりました。阿部さんはリードもしてくれて、私のいいところも引き出してくれるので、進路が別々なのは残念ですが、これからもそれぞれ頑張って、シングルスでもダブルスでもいい成績を残したいです」
阿部「自分たちのプレーをすることができて、相手を追い詰めることができましたが、やっぱり競ったところでは経験の差が出てしまって、大事なところで勝ちきれなかったです。私がチャンスをつくって森薗さんが決めるという戦い方は強い人にも通用するということがわかって自信になりました。進路が別々なので、ダブルスを組むことはなくなってしまいますが、お互いにそれぞれの道を頑張っていきたいです」


 

田代/藤井はチャンスを見いだせずに平野/石川に敗れた
 
中村/市川は競り合いを物にできず3位に


<女子ダブルス準決勝>
平野/石川(ミキハウス/全農) 11-6,11-5,11-7 田代/藤井(日本生命)
阿部/森薗(四天王寺高) 11-8,11-9,12-10 中村/市川(日立化成)


詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。

日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2015/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2014/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。