大会報道

全日本卓球2015 男子シングルス、神が丹羽を破り決勝へ

2015.01.18

<全日本卓球選手権大会>

男子シングルス準決勝は、水谷が岸川をストレートで圧倒し9年連続の決勝進出を決める。一方、決勝進出が有力視されていた丹羽は、先輩の神のガッツあふれるプレーの前に屈し、神が初の決勝進出を果たした。
 

水谷、9年連続の決勝進出
 
水谷は最後まで攻撃の手を緩めずストレート勝ち
 
岸川は勝機を見いだせないまま3位に終わった
 
ガッツマン、神が初の決勝進出
 
フォアハンドの打ち合いで丹羽に打ち勝った
 
丹羽は終盤で強気の攻めを見せることができなかった
 

<男子シングルス準決勝>
水谷(beacon.LAB) 11-3,11-6,11-3,11-9 岸川(ファースト)

高校生以来10年ぶりのベスト4入りを果たした岸川と9年連続の決勝進出を目指す水谷の対戦は、序盤からトップギアの水谷が威力のある両ハンド攻撃で5-0とリード。バッククロスにフォアハンドでエースボールを決めて水谷が好スタート。
第2ゲームも水谷ペース。岸川はラリーで緩急をつけて得点につなげるが、水谷の猛攻を止められず水谷が11-6で連取。
第3ゲームは、岸川が2-5とリードされたところでタイムアウト、しかし、流れを変えることはできず11-3で水谷。
第4ゲームは岸川がフォアハンドで攻めて5-3とリードの展開。しかし、水谷に気の緩みはなく、ラリーでは強烈なフォアハンドドライブをワイドに決める。岸川が粘りを見せて8-8と競り合いになったところで、チキータレシーブをストレートに決めて9-8とリード。しかし、集中力をとぎらせることなくプレーした水谷が逆転し、ストレートで岸川を破り、決勝進出を決めた。

■岸川聖也のコメント
「まったく自分のプレーができずに負けてしまったので悔しいです。でも、大会を通して言えば、ベスト4に入って最終日まで残れたのはいい結果じゃないかと思います。
戦術はいろいろ考えてきたんですが、スタートで離されてしまってノーチャンスでした。4ゲーム目の戦い方が1ゲーム目にできていれば展開が変わったかもしれないです。今日はフォア前にYGサービスを出してきて、レシーブでもチキータをしてきたりと、相手のサービス、レシーブがすごくよかったです。
今大会を通して、張、上田に勝ってきた健太の試合は0対2から逆転することができて、唯一よい内容の試合でした」


<男子シングルス準決勝>
丹羽(明治大) 5-11,11-4,11-4,10-12,11-5,7-11,8-11 神(明治大)

明治大勢の同士打ちとなったこの試合は、丹羽のループドライブを狙い打った神のカウンターがことごとく決まり、9-3と大きくリード。神が11-5と攻勢のまま第1ゲームを先取。
丹羽はスピードドライブで先手を取り始め、神が丹羽の速い攻めに対応できずに丹羽が11-4で取り返す。
第3ゲームも丹羽のペース。丹羽のワイドな速攻に神は台から下げられて劣勢に。11-4で丹羽が連取。
第4ゲームは神が丹羽の速攻に食らいついて競り合いに。8-10から神が追いついてジュースに持ち込むと、チキータからの4球目フォアハンドドライブを決めて12-10と逆転。2対2に。
第5ゲーム、前陣で攻める丹羽に対して、神はリスクを負ってカウンターで攻めるがミスが出て丹羽のペースに。11-5で丹羽が決勝進出に王手。
第6ゲームも依然丹羽が流れをつかんだまま4-1とリード。ここで神がタイムアウト。ここから神が気迫のこもったプレーでナイスプレーを連発し10-6とリード。このゲームを神が11-7で取り返し最終ゲームに。
最終ゲーム、立ち上がりで3-0とリードした神が吠える。しかし、丹羽は落ち着いたプレーで4-4に追いつく。しかし、フォアの打ち合いでもガッツを見せた神が7-4と引き離す。再び、フォアの激しい打ち合いを制して8-5。丹羽はコースを突いた攻撃で7-8と迫るが、またもや神がフォアハンドから得点し9-7。神はレシーブから攻撃を見せて10-8とマッチポイント。最後は丹羽のチキータがオーバーして神が初の決勝進出を果たした。

■丹羽孝希のコメント
「2対1の10-8からチャンスボールをミスしてしまったのが痛かったです。神さんは高校・大学と一緒で、今も同部屋で練習も一番する仲のよい友人の1人です。周りは勢いで上がってきたと言っていますが、神さんは実力がある選手とわかっていたので、背戦になるのはわかっていましたが、6ゲーム目4-1で神さんがタイムアウトをとったときなど、何度か勝てるチャンスはあったんですが、最後は普段やらないチキータで勝負してきて、対応できませんでした。
ダブルスも1回で負けてしまって、昨日も試合がなかったので、体力的には有利かなと思っていましたが、試合勘が少しなかったですね。神さんは昨日もいい試合をしていたので今日もいいプレーをしてきていつもより強かったです。
4月の世界卓球では前回ベスト16だったので、今回はベスト8に入って中国選手といい試合をしたいです」


詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2015/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2014/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。