大会報道

世界卓球2015蘇州大会2日目 混合複、日本の2ペアは3回戦へ

2015.04.27

<世界卓球選手権大会>

混合ダブルス1回戦に続いて行われた2回戦でも吉村/石川、丹羽/平野早の日本の2ペアはともにストレート勝ちで3回戦進出を決めた。
 

吉村/石川は2回戦でも高い攻撃力を見せた

丹羽/平野は元混合複王者擁するペアをストレートで撃破

倪夏蓮(左)は83年の混合複チャンピオン


吉村/石川 7,2,3,3 ミノ/M.ディアス(エクアドル/プエルトリコ)
混合ダブルス2回戦、吉村/石川はミノ/M.ディアス(エクアドル/プエルトリコ)と対戦。日本ペアは石川の的確なチャンスメークと吉村の決定力の高いボールでストレートで快勝し3回戦へ駒を進めた。次の対戦相手はマドリー/シルバ(メキシコ)。

丹羽/平野早 6,9,9,6 ブルギス/倪夏蓮(ラトビア/ルクセンブルク)
1回戦でシンガポールペアを圧倒した丹羽/平野早はブルギス/倪夏蓮(ラトビア/ルクセンブルク)と対戦。倪夏蓮は1983年東京大会で郭躍華とのペアで世界チャンピオンになっている名選手。左ペン粒高攻守型の倪夏蓮と長身でパワーのあるブルギスに対して、十分に対策してきたという日本ペアは落ち着いて対応。第2ゲームは倪夏蓮のボールを平野が攻めあぐね競り合いになるが、9-9から平野のサービスからの展開で2点連取。第3ゲームも点差の開かない展開となるが、日本ペアが前陣で速い攻めを見せて11-9。第4ゲームも落ち着いてコースを突いて攻めた日本ペアがヨーロッパペアを引き離しストレート勝ちを収めた。次の対戦相手はM.カールソン/エクホルム(スウェーデン)。


 

今大会の模様は卓球レポート6月号(5月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2015蘇州/公式サイト(中国語/英語):http://www.suzhou2015.org/
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2015蘇州(英語):
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2503&category=WTTC