大会報道

世界卓球2015蘇州大会3日目⑤ 女子単1回戦、日本女子は全員突破

2015.04.28

<世界卓球選手権大会>

全種目の決勝トーナメントが始まる大会3日目、いよいよシングルスの1回戦が始まった。日本勢はエントリーした5選手が1回戦を突破するという好スタートを切った。
 

トップバッターの平野は異質型のバトラを攻略

石川は余裕を感じさせるストレート勝ち

福原、早い打球点の攻めで初戦突破

伊藤はパンチ力のある両ハンドでシングルス初勝利


<女子シングルス1回戦(日本選手関係)>
平野美 -7,7,8,7,4 バトラ(インド)
石川 6,6,6,5 スラドコワ(カザフスタン)
平野早 7,7,-10,8,4 シウバ(ブラジル)
伊藤 7,2,-10,6,8 メディナ(コロンビア)
福原 6,7,9,8 フェヘア(セルビア)

平野美宇はバック面ツブ高異質攻守型のバトラと対戦。長身で攻守のバランスのよいバトラが第1ゲームを先制。しかし、落ち着いた連続攻撃で異質のバトラを攻略した平野が4ゲームを連取しダブルスに続きシングルスでも初勝利を挙げた。

石川は余裕のあるプレーぶりでラリーに持ち込ませずに両ハンド強打で決める展開で貫禄のストレート勝ち。

第2会場での試合となった平野早矢香だが、南米チャンピオンのシウバに安定感のあるプレーで4対1とし、初戦を突破。

ダブルスで勝利を挙げた伊藤は好調をキープして、シングルスへ。パンチ力のある両ハンドで2ゲームを先取するが、粘り強いメディナが食い下がり2対1に。前陣で前後左右に大きく揺さぶった伊藤が第4、第5ゲームを連取して2回戦へ。

パリ大会初戦敗退の無念を晴らしたい福原は、序盤から打球点の早い両ハンドで攻め込み、気迫のプレーで相手に試合をさせず。ストレート勝ちで2回戦進出を決めた。


 

今大会の模様は卓球レポート6月号(5月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2015蘇州/公式サイト(中国語/英語):http://www.suzhou2015.org/
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2015蘇州(英語):
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2503&category=WTTC