大会報道

世界卓球2015蘇州大会3日目⑥ 男子単で松平がまさかの初戦敗退

2015.04.28

<世界卓球選手権大会>

全種目の決勝トーナメントが始まる大会3日目、全員が初戦突破した日本女子に続きたい男子勢だったが、世界卓球2013パリで旋風を巻き起こした松平がまさかの初戦敗退となった。
 

パリ大会ベスト8の松平がまさかの初戦敗退

パリ大会初戦敗退の水谷は落ち着いたプレーで初戦突破

丹羽は切れのあるプレーでヤカブを圧倒


<男子シングルス1回戦(日本選手関係)>
水谷 11,9,3,4 プラトノフ(ベラルーシ)
グロース(デンマーク) 8,-8,-7,6,12,-3,5 松平
丹羽 4,2,8,7 ヤカブ(ハンガリー)

立ち上がり、硬さが見られ守備の固いプラトノフにリードを許した水谷だが、ゲームポイントをしのいできっちり先制。第2ゲーム以降は台や会場の感覚を確かめるようにサービスやプレーのバリエーションを増やす余裕も見せた。

松平はサウスポーのグロースと対戦。松平は早い打球点の攻めにミスが出て2対2に。第5ゲームは松平が10-3と大きくリードしたところから追いつかれて12-14でまさかの逆転。第6ゲームも序盤で6-1とリードを広げ、11-3と逃げ切り、最終ゲームに。最終ゲームは立ち上がりで0-4とリードを許す苦しい流れ。サービス・レシーブが思うように行かなかったと本人が語るように、なかなか攻撃で先手を取ることができずに、グロースに押し切られてしまった。パリ大会ベスト8の松平健太がまさかの初戦敗退という結果に終わった。

続いて登場したのは丹羽孝希。松平の敗戦の流れを引きずりたくない丹羽は、ハンガリーのヤカブを相手にサービス・レシーブからの速攻で圧倒的優位に立ちストレート勝ちを収めた。


 

今大会の模様は卓球レポート6月号(5月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2015蘇州/公式サイト(中国語/英語):http://www.suzhou2015.org/
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2015蘇州(英語):
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2503&category=WTTC