大会報道

世界卓球2015蘇州大会5日目⑦ 石川、伏兵木子に敗れる

2015.04.30

<世界卓球選手権大会>

世界卓球2015蘇州、女子シングルス3回戦で石川は予選から勝ち上がってきた木子(中国)と対戦。各ゲームともチャンスはあったものの勝負どころで得点できず、ストレート負けに終わった。
 

石川、2つのジュースを落として悔しい敗戦

ラリーでは互角の強さを見せた石川だがわずかに及ばず

木子は男子のようなパワフルなフォアハンド


<女子シングルス3回戦(日本選手関係)
木子(中国) 7,10,10,4 石川

木子は国内の選考会「直通蘇州」で出場権を自ら勝ち取った選手。世界ランキングが低いため予選からの出場となったが、実力は中国のトップクラス。バック面表ソフトラバーでパワーのある木子に対して、石川は自分から積極的に攻めて5-1とリードを奪うが、木子がパワーボールで7-6と逆転。木子が3球目、チキータレシーブからの攻撃などで第1ゲームを先制。第2ゲームも勢いを失わない木子が5-1とリード。石川は回転量の多いボール、ラリーから相手のフォア側を攻めるなどして9-8と逆転するも、10-10から石川がレシーブミス、ブロックミスを重ね、木子がゲームを連取した。第3ゲームも競り合いとなり、石川が相手のゲームポイントを1本しのいでジュースに。次球、石川の回り込みフォアハンドドライブがオーバーしたところで、このゲームを取りたい木子がタイムアウト。タイムアウト後、石川は木子のバック側への長いサービスをフォア側にツッツくが、このボールに木子が飛びついてドライブ。石川のブロックがネットして、0対3と窮地に追い込まれた。
第4ゲーム、3-5と2点差になったところで石川がタイムアウト。しかし、石川は流れを変えることができないまま4-11。上位進出が期待されていた石川だが、中国の「伏兵」に敗れ3回戦敗退という結果に終わった。
「2ゲーム目の9-9でサービスを持っていたので取りたかった」と石川が語るように、リードをキープして、ゲームポイントをものにしていればチャンスは十分にあったと思うが、それをさせてくれないのが中国選手とも言える。女子シングルスは3回戦を終えて、6名の中国選手が残っている。


 

今大会の模様は卓球レポート6月号(5月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2015蘇州/公式サイト(中国語/英語):http://www.suzhou2015.org/
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2015蘇州(英語):
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2503&category=WTTC