大会報道

世界卓球2015蘇州大会6日目③ 丹羽は樊振東に敗れベスト16止まり

2015.05.01

<世界卓球選手権大会>

世界卓球2015蘇州、6日目。女子シングルス4回戦の前半4試合に続いて、男子シングルス4回戦の前半4試合が行われた。ベスト8をかけて樊振東と対戦した丹羽は1対4で敗れ、ベスト8進出はならなかった。
 

馬龍は朱世爀のカットを打ち抜いた

方博は中国でもトップクラスのフォアハンド

許昕は肩の痛みを押してコートに戻ったが……

丹羽は樊振東に下げられる展開

樊振東はチキータからの展開で優位に立った

フランジスカはコウに逆転勝ちで初のベスト8


<男子シングルス4回戦>
馬龍(中国) 4,3,9,-10,6 朱世爀(韓国)
方博(中国) -10,-7,8,2,-8,9,11 許昕(中国)
樊振東(中国) 5,-12,2,2,9 丹羽孝希(日本)
フランジスカ(ドイツ) -7,-8,8,6,9,8 コウ(ウクライナ)

馬龍は、3回戦で対戦したジオニス(ギリシャ)に続きカットの朱世爀との対戦。馬龍は朱世爀のカットに対してフォアハンドの豪打で強襲。朱世爀の渾身の攻撃もカウンターするなど隙がない。後がなくなった第4ゲーム、朱世爀はマッチポイントをしのいでジュースに持ち込み、捨て身の攻撃で逆転。しかし、第5ゲームは気を引き締め直した馬龍のフォアハンド豪打が決まり、初優勝に向けて駒を進めた。

中国勢の同士打ちとなった許昕対方博は、0対2とリードを許した方博が、思い切って許昕のフォア側を攻めて2対2に。フォアハンドの鋭さ、コース取りでは許昕に引けをとらない方博が2対3から最終ゲームに持ち込むと、勢いに乗ってフォアハンド強打を決める。許昕は1-4と離されたところで、タイムアウト。左肩を痛めた様子で、メディカルトレーナーがアイシング。コートに戻った許昕は痛みをこらえてプレー。万全ではない相手に対して方博はやりにくさを感じている様子で競り合いになり、ジュースまでもつれたが、最後は方博の渾身のフォアハンドがエッジイン。優勝候補の許昕が4回戦で姿を消した。

丹羽は過去2戦して2敗と分の悪い樊振東と対戦。世界ジュニア王者のタイトルホルダー同士の戦いは、パワーの樊振東がスピードの丹羽を圧倒する立ち上がり。第2ゲームは丹羽がリードするが、樊振東の猛攻を押さえきれない。しかし、粘りのプレーで樊振東のミスを誘い14-12と取り返す。しかし、流れは依然樊振東。丹羽は樊振東のチキータからの展開を攻略できず1ゲームを奪うに終わった。
試合後丹羽は「ラリーの最初の1,2球で質の高いボールが来るがそれに対応できなかった。サービス、レシーブに差を感じた。相手のチキータからの展開を攻略できなかったのが敗因」と語った。

昨年の東京大会でドイツチームの3番手として存在感を示したフランジスカは、3回戦で格上のフレイタス(ポルトガル)を破って4回戦進出を果たした。対するコウは前陣での連続攻撃を得意とするプレースタイルでシュテーガー(ドイツ)、パタンティウス(ハンガリー)を破って4回戦へ。両者によるベスト8進出をかけた戦いは、前陣で両ハンド攻撃を仕掛けるコウに対して中陣でフランジスカが粘るという展開になり、0対2の劣勢から粘り強く戦ったフランジスカが4対2で勝利した。


 

今大会の模様は卓球レポート6月号(5月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2015蘇州/公式サイト(中国語/英語):http://www.suzhou2015.org/
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2015蘇州(英語):
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2503&category=WTTC