大会報道

世界卓球2015蘇州大会6日目⑤ 水谷が2大会ぶりのベスト8進出

2015.05.01

<世界卓球選手権大会>

世界卓球2015蘇州、6日目。男子シングルスの4回戦が終わり、ベスト8が出そろった。水谷がガオ・ニンを破り、2大会ぶりの準々決勝進出を決めた。
 

全盛期は過ぎたボルだが気迫のプレーで香港の若手を退けた
 
唐鵬はオフチャロフを倒して波に乗る李尚洙を撃破
 
張継科は台上とフォアハンドでサムソノフを寄せ付けず

水谷は落ち着いた試合運びでガオ・ニンに勝利


<男子シングルス4回戦>
ボル(ドイツ) 9,8,-3,10,13 ウォン・チュンティン(香港)
唐鵬(香港) -1,7,8,12,9 李尚洙(韓国)
張継科(中国) 14,8,6,-5,3 サムソノフ(ベラルーシ)
水谷隼(日本) -8,7,7,-8,3,3 ガオ・ニン(シンガポール)

前日の3回戦ではモンテイロと大熱戦を演じたボルだが、ラウンドが上がるにつれて体の切れが増してきているようだ。香港のペンドライブ型の若手、ウォン・チュンティンは裏面も自在に操る新世代だが、ボルのフォア側を攻めたボールがきれいにカウンターされるなど、ボルの方が1枚上手と感じさせる試合展開に。ボルの2対1で迎えた第4ゲーム、8-4から追いつかれたボルだが、自分から攻めるプレーでジュースを制して3対1に。第5ゲームはウォン・チュンティンもバックハンドカウンターで得点するなどして、安定感のあるボルに食い下がるが、集中力の高いボルが相手の浮いたチキータをバックハンドで決めて3大会連続のベスト8入りを果たした。

今大会3種目にエントリーして韓国若手の中でも存在感を感じさせる李尚洙と、香港の異質型のベテラン唐鵬との対戦。第1ゲームは李尚洙が勢いに乗ったプレーで唐鵬を圧倒するが、第2ゲームはバック対バックを軸とした自分のプレーで流れを呼び戻した唐鵬が取り返し、第3ゲームも唐鵬。勝負の第4ゲームを唐鵬がジュースでしのぎきって3対1。唐鵬は李尚洙の威力のアルバックハンドに距離を取って対応し、第5ゲームでベスト8入りを決めた。

3連覇に向けて調子をあげつつある張継科がベテランのサムソノフと対戦。大きなラリーになるとフォア側に抜けたかと思うようなボールにも飛びついて反撃する張継科のプレーに観客も大きな声援を送る。凡ミスのないサムソノフに対して、張継科の粗いミスが出てジュースに。両者一歩も譲らない攻防は16-14で張継科がものにした。台上バックハンドと威力のあるフォアハンドのある張継科に対して、決め手を欠くサムソノフが粘り強く戦うも8-11で0対2に。第3ゲームもフォアハンドの強打に対して打開策のないサムソノフが落として3対0で張継科が王手。張継科は油断が生じたか粗いプレーでミスが出てこのゲームを落とすが、第6ゲームはスタートダッシュを決めて11-3でサムソノフを退けた。

いつも通りのプレーでは勝てないと考えたか、ガオ・ニンは序盤からフォアハンドをリスキーな強打で攻めて第1ゲームはガオ・ニン。第2ゲームはサービス、レシーブからチャンスをつくって自分から攻めた水谷が6-2と大きくリード。バックからチャンスをつくりフォアハンドで決めて11-7と取り返す。1対1とならんで落ち着きが出てきた水谷はサービスや台上の厳しい攻めからの得点でリードし11-7で2対1とリード。余裕を持ってプレーしているように見えた水谷だが、台から下げられてからの展開で粘りきれずに8-11でガオ・ニンが取り返す。第5ゲームは水谷が8-0と一気に引き離し11-3で王手。このゲームも水谷は余裕のあるプレーで11-3。ロッテルダム大会以来2度目の8強入りを果たした。
試合後ベスト8入りの感想を聞かれた水谷は「やっとスタートラインに立てた。これからが本当の勝負」とさらに上位進出への意気込みを語った。準々決勝でメダルをかけて張継科と対戦する。


 

今大会の模様は卓球レポート6月号(5月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2015蘇州/公式サイト(中国語/英語):http://www.suzhou2015.org/
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2015蘇州(英語):
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2503&category=WTTC