大会報道

世界卓球2015蘇州大会7日目③ 丁寧と劉詩雯が決勝へ

2015.05.02

<世界卓球選手権大会>

世界卓球2015蘇州大会7日目、女子シングルスは準決勝と決勝が行われ、蘇州大会のチャンピオンが決定する。ベスト4を独占した中国勢だが、準決勝はいずれもレベルの高い試合となった。同士打ちを制して決勝進出を決めたのは丁寧と劉詩雯。2人が女王の座をかけて今夜戦う。
 

丁寧は魂のプレーで2度目の決勝進出

台風の目となった木子の快進撃は準決勝で止まった

劉詩雯は初優勝に向けて十分な準備を感じさせた
 
2連覇を目指した李暁霞は劉詩雯にリベンジを許した


<女子シングルス準決勝>
丁寧(中国) -9,6,10,-5,6,-1,6 木子(中国)


丁寧対木子の同士打ちは、準々決勝の武楊戦でゲームオールの消耗戦を戦った丁寧に対して、木子がスピードボールで先に仕掛け丁寧を振り回す展開で優勢に。丁寧は中陣からフィジカルを生かしたプレーで対抗するが、コンディションは万全ではない様子。8-8から木子がフォアハンド強打を2本決めてゲームポイント。丁寧は台から出た木子のレシーブをすくい上げてオーバーミス。11-9で木子が先制した。
第2ゲーム、丁寧は下がらずに両ハンドで木子のフォア側を攻めて7-2と大きくリード。丁寧はリードを生かして11-6と逃げ切り1対1に。
第3ゲームは両者譲らずクロスゲームに。丁寧が回転量の多いボールでミスを誘えば、木子は前陣を守って速攻で仕掛ける。8-8から木子のフォアフリックをブロックした丁寧が得点し9-8。バッククロスにフォアハンドドライブを決めた丁寧が10-8としてゲームポイント。早くポイントを取りたい丁寧がしゃがみ込みサービスからのラリーで2失点して10-10に。今度は木子がバックハンドを2本ミスして丁寧が2対1とリード。
第4ゲームは、立ち上がりで4-0とした木子が連続攻撃で丁寧を追い詰め、11-5と取り返し2対2に。
第5ゲームも男子のようなフォアハンドの打ち合いを見せるなどハイレベルな戦いが続くが、安定感の高い丁寧がラリーを制し11-6で決勝進出に王手をかける。
第6ゲームは、木子がラリー戦で粘りを見せて5-0とリード。丁寧も必死に食らいつくが、主導権を握った木子が11-1で決めて勝負は最終ゲームへ。
両者渾身のプレーで一進一退の攻防となった最終ゲームは、1本1本に執念を見せた丁寧がリードし5-2でチェンジコートと同時に木子がタイムアウト。今度は丁寧が6-5と追い上げられたところでタイムアウト。丁寧は1球1球にかける思いが伝わってくるような渾身のプレーで木子の速攻に中陣から盛り返し10-6とマッチポイント。最後は木子の強打をブロックした丁寧がロッテルダム大会以来2度目の決勝進出を決めた。


劉詩雯(中国) 6,-8,9,7,8 李暁霞(中国)

世界卓球2013パリで決勝を争った2人が今大会では準決勝で対戦。このときは李暁霞が4対2で劉詩雯を破っている。2連覇を狙う李暁霞は準々決勝で伊藤美誠に冷や汗をかかされたが、新星に対して底力を見せてしっかりと勝ち上がってきた。対する劉詩雯はここまで準々決勝で朱雨玲に1ゲームを落としたのみで他の試合はすべてストレートと完璧と言っていいプレーぶりで勝ち上がってきている。
第1ゲームは劉詩雯が連続両ハンドドライブで李暁霞を台から下げて押し込む流れ。10-6から李暁霞の回り込みフォアハンドドライブをブロックしてフォア側を抜いた劉詩雯が11-6で先制。
第2ゲーム、李暁霞は回転量の多いボールで劉詩雯のミスを誘い、3-1とリード。決定打にミスが出た李暁霞に劉詩雯が8-8と追いつくが、李暁霞はパワフルな両ハンドで劉詩雯の両サイドを攻め、11-8。
第3ゲームも両者の白熱したラリー戦となるが、打球点の早さで優る劉詩雯が8-6とリード。李暁霞が7-8と追い上げたところでここを勝負どころとみた劉詩雯が早めのタイムアウト。劉詩雯はロングサービスでこのゲームを11-9ときっちり取って2対1とリード。
一瞬も気の抜けない緊迫したラリー戦は劉詩雯リードで進む。劉詩雯は高い集中力で李暁霞の決定打もカウンターで返し、10-6とゲームポイント。バック対バックのラリーを制して11-7とし、劉詩雯が決勝進出に王手。
劉詩雯は勝利を意識したか、珍しくサービスミスをするなどして、李暁霞がリードの流れ。劉詩雯はフォア側からサービスを出してポイントして5-6と追い上げる。流れを変えられたくない李暁霞がここでタイムアウト。しかし、劉詩雯は回り込んだ李暁霞のフォア側を抜いて6-6。連続両ハンド攻撃で李暁霞を押し込み8-6とリード。今度は劉詩雯の回り込みフォアハンドを李暁霞がブロックミスして10-7。レシーブから強打してきた李暁霞のボールをカウンターしてラリーに持ち込んだ劉詩雯のバックハンドドライブが李暁霞のラケットを弾いて、劉詩雯が2度目の決勝進出を決めた。


 

今大会の模様は卓球レポート6月号(5月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2015蘇州/公式サイト(中国語/英語):http://www.suzhou2015.org/
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2015蘇州(英語):
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2503&category=WTTC