大会報道

ジャパンオープン3日目④ 【男子シングルス】馬龍、水谷が敗れる波乱

2015.06.26

<ワールドツアー・ジャパンオープン>

ITTFワールドツアー・ジャパンオープン(6月24〜28日・グリーンアリーナ神戸)が開催されている。大会3日目は21才以下男女シングルスの決勝、男女シングルスの1〜2回戦、男女ダブルスの1回戦が行われた。男子シングルスは1回戦と2回戦の一部が行われ、世界チャンピオンの馬龍(中国)、日本のエース、水谷隼(beacon.LAB)が敗れる波乱があった。


水谷は朱世爀のカットを打ち崩せず2回戦敗退

朱世爀は質の高いカットと攻撃を見せた
 
吉村は1、2回戦ともに競り合いを制して勝ち進んだ

森薗は荘智淵を破り、勝利の雄叫びを上げた

王者・馬龍は尚坤に敗れて2回戦で姿を消すことに

 

<男子シングルス1回戦(日本選手関係)>

村松雄斗(東京アート) 4-1 李平(カタール)

丹羽孝希(明治大) 4-1 ワン(カナダ)

吉村真晴(愛知工業大) 4-2鄭榮植(韓国)

朱世爀(韓国) 4-3 松平賢二(協和発酵キリン)

水谷隼(beacon.LAB) 4-0 リベントソフ(ロシア)

森薗政崇(明治大) 4-1 荘智淵(台湾)

 

<男子シングルス2回戦(日本選手関係)>

村松雄斗(東京アート) 4-3丹羽孝希(明治大)

吉村真晴(愛知工業大) 4-3 唐鵬(香港)

朱世爀(韓国) 4-2 水谷隼(beacon.LAB)

 

 昨年、同大会で惜しくも優勝を逃した水谷は、1回戦でリベントソフ(ロシア)を寄せ付けず快勝。2回戦ではカット主戦型の朱世爀(韓国)と対戦した。第1ゲームは接戦の末、先制点を挙げた。しかし、攻めのリズムが単調になったところを朱世爀に狙われるパターンが続き、2ゲームを落とした。第4ゲームはバックサービスからの展開などで取り返したが、第5、第6ゲームは再び、朱世爀コースの長短をつけたカットと鋭いドライブ攻撃に苦しめられ、2対4で敗戦を喫した。
 水谷のほか、世界チャンピオンの馬龍が敗れる波乱があった。馬龍は1回戦を難なく勝ち上がったが、2回戦では同じく中国の尚坤に1対4で敗れた。序盤から尚坤にリズムを握られ、3ゲームを連取されると、第5ゲームは馬龍にミスが重なるなど、最後まで流れを引き戻すことができず、王者が2回戦で姿を消すことになった。  
 国内外の大会で好調を維持している吉村は1、2回戦ともに、接戦となったが、勝負どころでも威力のある両ハンドドライブが安定して決まり、3回戦進出。次戦は水谷を破った朱世爀と対戦。  
 森薗は世界ランキングで格上の荘智淵(台湾)に4対1で勝利。フットワークの良さとチキータレシーブからの展開が光り、次ラウンドへと駒を進めた。  
 村松は丹羽との同士打ちを制して、3回戦進出を決めた。1対3とゲームを先行される展開が続いたところから、気迫で勝利をつかみ取った。



今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ジャパンオープン・荻村杯2015:http://japan-open.kyomycom.net/15kobe/

国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/