大会報道

ジャパンオープン4日目① 【女子ダブルス】優勝候補の丁寧/劉詩雯が準決勝敗退

2015.06.27

<ワールドツアー・ジャパンオープン>

ITTFワールドツアー・ジャパンオープン(6月24〜28日・グリーンアリーナ神戸)が開催されている。大会4日目は男女シングルスの2回戦〜準々決勝、男女ダブルスの準々決勝〜準決勝が行われた。女子ダブルスでは決勝進出ペアが決定。優勝候補の丁寧/劉詩雯(中国)はリン・エ/ツォウ・イーハン(シンガポール)に敗れた。


リン・エ/ツォウ・イーハンは高い攻撃力で中国ペアを撃破
 
丁寧/劉詩雯は流れを引き寄せることができず

劉斐/武楊のカットペアは接戦を制して決勝進出

 

<女子ダブルス準々決勝>

ドゥー・ホイケン/姜華珺(香港) 3-1 馮天薇/ユ・メンユ(シンガポール)

劉斐/武楊(中国) 3-2 田志希/梁夏銀(韓国)

リン・エ/ツォウ・イーハン(シンガポール) 3-2 リ・ホチン/帖雅娜(香港)

丁寧/劉詩雯(中国) 3-1 陳夢/朱雨玲(中国)

 

<女子ダブルス準決勝>

リン・エ/ツォウ・イーハン 3-0 丁寧/劉詩雯

劉斐/武楊 3-1 ドゥー・ホイケン/姜華珺

 

 女子ダブルスでは劉斐/武楊(中国)のカットペアとリン・エ/ツォウ・イーハンのシンガポールペアが決勝進出を決めた。  
 劉斐/武楊は準々決勝で田志希/梁夏銀(韓国)とのゲームオールに及ぶ激闘を制してベスト4進出を決めると、準決勝では回転量の多いカットでドゥー・ホイケン/姜華珺(香港)を揺さぶり、3対1で勝利を収めた。  
 リン・エ/
ツォウ・イーハンは接戦を制して勝ち上がると、準決勝では優勝候補の丁寧/劉詩雯(中国)を破る大金星を挙げた。攻撃的なスタイルの両者のプレーが噛み合い、ゲームの主導権を握り、見事な完封勝利を収めた。丁寧/劉詩雯は相手の攻勢を跳ね返すことができず、準決勝敗退となった。



今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ジャパンオープン・荻村杯2015:http://japan-open.kyomycom.net/15kobe/

国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/