大会報道

ジャパンオープン最終日③【女子ダブルス】劉斐/武楊のカットペアが優勝

2015.06.28

<ワールドツアー・ジャパンオープン>

ITTFワールドツアー・ジャパンオープン(6月24〜28日・グリーンアリーナ神戸)が開催された。大会最終日は男女シングルスの準決勝〜決勝、男女ダブルスの決勝が行われた。女子ダブルスの決勝は劉斐/武楊(中国)がリン・エ/ツォン・イーハン(シンガポール)を3対1で破り優勝を果たした。


劉斐/武楊のカットペアが初優勝
 
変化の幅が大きいカットで相手のミスを誘った

シンガポールペアは攻めに粗さが出て惜しくも2位


 

<女子ダブルス決勝>

劉斐/武楊(中国)6,-7,9,5 リン・エ/ツォウ・イーハン(シンガポール)

 

 中国のカットペアがワールドツアー初優勝を果たした。決勝では丁寧/劉詩雯(中国)を破って決勝に進んできた勢いのあるリン・エ/ツォウ・イーハンを変化の大きいカットや随所で見せるドライブ攻撃など、多彩なプレーで揺さぶり、試合の流れをつかんだ。

 1対1で迎えた第3セットは5対9とリードを許したものの、相手のミスにも助けられ、逆転でこのゲームを奪取。この勢いを第4ゲームもキープし、見事トーナメントの頂点に立った。

 敗れたシンガポールペアは力のあるドライブ攻撃で第2ゲームを奪ったが、要所でミスが目立ち、頂点をつかむには至らなかった。



今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ジャパンオープン・荻村杯2015:http://japan-open.kyomycom.net/15kobe/

国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/