大会報道

大津インターハイ5日目② 女子シングルスの8強が決まる

2015.08.13

<インターハイ>

大会5日目は男女シングルス2〜5回戦が行われ、ベスト8が決定。女子シングルスではシード選手が順当に勝ち上がりを見せた。一方で、優勝候補として挙げられていた佐藤瞳(札幌大谷)は試合途中で右ひざを痛めたため、5回戦を途中棄権。無念の敗退となった。
 

150811-21.jpg昨年ベスト4の田口は第1シードとしてしっかりと勝ち上がった
 
150811-22.jpgバック面の異質ラバーを駆使したプレーが光る三條
 
15081002-01.jpg木村は1年生ながら堂々たるプレーを見せている
 
15081002-02.jpg牛嶋は苦しみながらもベスト8進出を決めた
 
15081002-02.jpg山本は両ハンドにミスが少なく、安定した戦いを見せている
 
15081002-01.jpg橋本(奥)は5回戦で奥下との死闘を制した
 
15081002-02.jpg平は打球点の早い攻撃で準々決勝まで勝ち進む
 
15081002-02.jpg豪快なフォアハンドで他の選手を圧倒する芝田
 

<女子シングルス5回戦>
田口(正智深谷)4−1 細川(松商学園)
三條(四天王寺)4−2 瀬山(富田)
木村(四天王寺)4−2 馬場(芦屋学園)
牛嶋(正智深谷)4−3 中澤(希望が丘)
山本(福井商業)途中棄権 佐藤(札幌大谷)
橋本(四天王寺)4−3 奥下(就実)
平(正智深谷)4−0 小脇(明徳義塾)
芝田(四天王寺)4−0 田中(武蔵野)

 女子シングルスはほとんどのシード選手たちが順当に準々決勝進出を果たした。四天王寺からは芝田、橋本、三條、木村の4人、正智深谷からは平、田口、牛嶋の3人が8強入りを果たした。この7名に山本(福井商業)を加えた8名が明日の準々決勝を戦う。
 なお、優勝候補の一角として挙げられていた佐藤は5回戦で山本と対戦したが、団体戦で痛めた右ひざの痛みが再発し、無念の途中棄権。高校最後のインターハイで全ての力を出し切ることができず、悔しさの残る大会となった。

準々決勝の組み合わせは以下の通り。

田口(正智深谷) ー 三條(四天王寺)
木村(四天王寺) ー 牛嶋(正智深谷)
山本(福井商業) ー 橋本(四天王寺)
平(正智深谷)  ー 芝田(四天王寺)


 

卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成27年度全国高等学校総合体育大会:http://www.shiga-soutai2015.jp
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

今大会の模様は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載予定です。