大会報道

第22回アジア選手権大会1日目③ 〜男子団体は韓国、台湾が準決勝に進出〜

2015.09.27

<その他の国際大会>

9月26日〜10月3日まで第22回アジア選手権大会がタイのパタヤスポーツスタジアムで開催されている。大会1日目は団体戦の予選リーグおよび決勝トーナメントの一部が行われた。男子団体は準々決勝2試合が行われ、韓国と台湾が準決勝進出。男子日本代表は大会2日目の本日19時(日本時間:21時)から準々決勝に臨む。


150926-09.jpg韓国はトップの鄭榮植(写真左手前)がガオ・ニンに勝利

150926-10.jpg朱世爀は持ち味の粘り強いカットと威力のある攻撃を見せた
 
150926-11.jpg台湾はエースの荘智淵がチームをけん引
 
150926-12.jpg最後は江宏傑が劇的な勝利を挙げた

 韓国はシンガポールと対戦し、1番の鄭榮植がラリー戦での強さを見せてガオ・ニンに勝利。これで勢いに乗ると、2番の朱世爀は攻守のバランスの良さを見せてヤン・ズィに逆転勝利。3番の李尚洙もこの流れを維持して、準決勝進出を果たした。
 台湾は香港との3時間以上に及ぶ死闘を制してベスト4に名乗りを挙げた。荘智淵がウォン・チュンティンと唐鵬にゲームオールで勝利してエースの重責を果たすと、ラストは江宏傑がウォン・チュンティンに0対2から勝利する劇的な幕切れとなった。
 この結果、韓国、台湾が4強進出を決めた。ベスト4のうち、残り2枠は明日の19時からの準々決勝2試合で決まる。



卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com
今大会の模様は卓球レポート12月号(11/20発売)に掲載予定です。