大会報道

第22回アジア選手権大会2日目① 〜女子団体のベスト4が決定〜

2015.09.27

<その他の国際大会>

9月26日〜10月3日まで第22回アジア選手権大会がタイのパタヤスポーツスタジアムで開催されている。大会2日目は1日目に引き続き、団体戦が行われる。13時(日本時間:15時)からは、女子団体の準々決勝2試合が行われ、中国と香港が準決勝進出を決めた。この結果、準決勝は中国対韓国、日本対香港という組み合わせになった。


150927-01.jpg丁寧はトップでカットのリ・ミョンスンを撃破

150927-02.jpg陳夢は苦しみながらも勝利
 
150927-03.jpgドゥー・ホイケンは強烈なチキータで主導権を握った
 
150927-04.jpg帖雅娜はフルゲームの激闘を制してチームを勝利に導いた

<女子団体準々決勝>

中国 3−0 朝鮮民主主義人民共和国

香港 3−0 タイ

 

中国は1番で丁寧がカット主戦型のリ・ミョンスンを攻略して3対1で勝利。続く朱雨玲はリ・ミギョンの打球点の早い攻撃に苦しむ場面もあったが、最後は競り合いを制して、中国が準決勝進出に王手をかけた。3番の陳夢はキム・ソンイのカットの前に2ゲームを連取されたが、ここから意地を見せて逆転。中国がストレートで準決勝進出を決めた。

 

香港は1番のドゥー・ホイケンがチキータレシーブから先手を奪い、コムウォンを破った。続く2番のリ・ホチンがゲームオールの接戦を制すると、3番の帖雅娜もフルゲームの激闘を逆転で制して、ベスト4に進出。香港は準決勝で日本と対戦する。

 

なお、女子団体準決勝の組み合わせは以下の通り。

中国 ー 韓国

日本 ー 香港



卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com
今大会の模様は卓球レポート12月号(11/20発売)に掲載予定です。