大会報道

第22回アジア選手権大会2日目③ 〜女子日本代表が決勝へ!〜

2015.09.28

<その他の国際大会>

9月26日〜10月3日まで第22回アジア選手権大会がタイのパタヤスポーツスタジアムで開催されている。大会2日目は1日目に引き続き、団体戦が行われた。女子団体は準決勝が行われ、日本と中国が決勝へと駒を進めた。


150927-09.jpg伊藤は気迫を前面に出したプレーで逆転勝利

150927-10.jpgエースとして確実に得点を挙げた福原
 
150927-11.jpg平野はラリー戦で強さを発揮した
 
150927-12.jpg中国は朱雨玲が苦しみながらも勝利して決勝進出に貢献

<女子団体準決勝>

 日本 3−0 香港

◯伊藤 -8、13、2、7 ドゥー・ホイケン

◯福原 4、12、5 リ・ホチン

◯平野 9、8、5 スー・ワイヤム

 福原 ー ドゥー・ホイケン

 伊藤 ー リ・ホチン

 

 日本は準決勝で香港と対戦。1番の伊藤は序盤こそ相手のエースのドゥー・ホイケンにペースを握られ、1ゲームを先取されたが、ジュースまでもつれた第2ゲームを制したことで流れに乗った。中盤以降は尻上がりに調子を上げて3対1と逆転勝利。この勝利について村上監督は「試合全体の流れを決めた」と語り、勝敗を左右する大事な一戦で重責を果たした伊藤を称えた。

 2番の福原は、8月のワールドツアーで2度対戦したリ・ホチンとの戦いだったが、3対0で勝利。試合後、「どうやって戦うべきかを事前に準備することができたのでよかった」と語り、相手に対する十分な対策が勝利につながったことを明かした。

 3番の平野は固さの見えるスー・ワイヤムに対して落ち着いて戦い、チームを決勝へと導く得点を挙げた。「ラリーの中で得点を取ることができてよかった」と、話した通り、持ち味であるラリー戦で強さを発揮した。

 もう一方の準決勝では中国が韓国にストレート勝ち。1番の朱雨玲はカット主戦型の徐孝元に苦しんだが、最終ゲームまでもつれた激闘を制した。これで試合全体の主導権を握った中国は2番の丁寧、3番の木子も勝利して、決勝進出を決めた。

 日本と中国による決勝は大会3日目の本日18時(日本時間:20時)から行われる。


卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com
今大会の模様は卓球レポート12月号(11/20発売)に掲載予定です。