大会報道

第22回アジア選手権大会3日目① 〜男子日本代表が台湾を破り決勝進出!〜

2015.09.28

<その他の国際大会>

9月26日〜10月3日まで第22回アジア選手権大会がタイのパタヤスポーツスタジアムで開催されている。大会3日目は昨日までに引き続き、団体戦が行われる。男子団体の準決勝では日本が台湾に勝利し、決勝進出を決めた。


150928-01.jpg大島はフルゲームの激闘を制して、先制点を挙げた

150928-02.jpg吉村は力強い攻撃とサービスで廖振珽に勝利
 
150928-03.jpg相手に的を絞らせないプレーで完勝した丹羽
 
150928-04.jpg中国は樊振東が2得点を挙げて、9大会連続の決勝進出

<男子団体準決勝>

 日本 3−0 台湾

◯大島 -6、8、7、-8、9 江宏傑

◯吉村 7、5、8 廖振珽

◯丹羽 4、5、8 王李中

 大島 ー 廖振珽

 吉村 ー 江宏傑

 

 日本は1番で大島を起用。江宏傑と対戦した。序盤から互いに譲らない展開となったが、江宏傑のコースを突いたバックハンドに苦しみ、大島が1ゲームを落とす。バック側を攻められ、苦しい出足となった大島だが、第2、第3ゲームはフットワークを生かしたフォアハンドドライブで得点を重ね、勝利に王手。第4ゲームは勝利を意識したかミスが目立ち、勝負の行方は最終ゲームへと持ち越された。第5ゲームは中盤から大島が連続得点を挙げて10対5とマッチポイントを握ったが、ここから江宏傑の粘りにあい、10対9となった。流れは江宏傑にあったが、最後は大島がフォアハンド強打を振り抜き、勝利。日本に貴重な先制点をもたらした。

 2番は吉村対廖振珽の一戦。肩に痛みを抱えながらの試合に臨んだ吉村だが、サービス、レシーブともに相手の上をいくプレーを見せてリードを広げると、最後まで相手に思い通りにプレーさせず、ストレートで勝利を収めた。

 決勝進出に王手をかけた日本は3番で丹羽が登場した。対戦相手の王李中を困惑させるようなプレーで、序盤から試合のペースを握ると、最後までその流れを相手に渡さず、完勝。エースの荘智淵が出場しない台湾に対して、最後まで気を緩めることなく戦った日本が決勝進出を果たした。

 もう一方の準決勝では中国が韓国に3対1で勝利。3番の張継科が張禹珍に敗れたが、続く4番で樊振東がきっちりと締めて、決勝進出を決めた。中国は明日、9大会連続の優勝をかけて日本と戦う。

 日本と中国による決勝は大会4日目の明日、19時(日本時間:21時)から行われる。


卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com
今大会の模様は卓球レポート12月号(11/20発売)に掲載予定です。