大会報道

第22回アジア選手権大会5日目② 〜女子シングルスがスタート。日本の4選手が3回戦へ〜

2015.09.30

<その他の国際大会>

9月26日〜10月3日まで第22回アジア選手権大会がタイのパタヤスポーツスタジアムで開催されている。大会5日目は男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの個人戦種目が行われる。女子シングルスは2回戦までが行われ、日本の4選手が3回戦に進出した。


150930-05.jpg若宮は木子に迫る場面もあったが敗戦を喫した

150930-06.jpg平野はリ・ミギョンとの激闘を制して3回戦進出

 

<女子シングルス2回戦>

木子(中国) 4、6、9、7 若宮

伊藤 7、-9、4、3、1 ホ・イン(マレーシア)

福原 5、3、-6、8、4 サウェッタブット(タイ)

田代 9、6、6、4 グナナセカラン(インド)

平野 5、-9、-5、8、2、-10、4 リ・ミギョン(朝鮮民主主義人民共和国)


 若宮は2回戦で木子と対戦。ともにバック面に表ラバーを貼り、同じ戦型の二人による一戦は各ゲームとも中盤までは競り合いとなるが、中盤から終盤にかけて木子が得点を重ねて勝利。若宮もラリー戦では好勝負を見せたが、木子のフォアハンドを止めきれなかった。

 このほか、伊藤、福原、田代、平野は3回戦進出を決めた。福原は開催国タイのサウェッタブットに勝利。また、平野はリ・ミギョンとゲームオールに及ぶ死闘を制して次ラウンドへ駒を進めた。

 日本勢以外では劉詩雯(中国)らが順当に勝ち進んでいる。なお、優勝候補の1人である丁寧(中国)は体調不良のため、シングルス、ダブルスを棄権している。



卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com
今大会の模様は卓球レポート12月号(11/20発売)に掲載予定です。