大会報道

第22回アジア選手権大会5日目③ 〜男子シングルスで日本選手全員が初戦を突破〜

2015.09.30

<その他の国際大会>

9月26日〜10月3日まで第22回アジア選手権大会がタイのパタヤスポーツスタジアムで開催されている。大会5日目は男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの個人戦種目が行われる。男子シングルスは1回戦が行われ、日本から出場した全選手が初戦を突破した。


150930-07.jpg吉村はフォアハンドの強打を軸に快勝

150930-08.jpg丹羽は開催国タイの選手に勝利して3回戦進出

 

<男子シングルス1回戦>

吉村 6、6、5、4 カリモフ(ウズベキスタン)

森薗 6、6、3、8 アル・ドハニ(イエメン)

村松 4、4、3、4 エンクバット(モンゴル)

丹羽 3、12、9、3 ワンジリ(タイ)

大島 5、4、8、4 アル・ナガー(カタール)


  男子シングルス1回戦に日本の5選手が出場し、いずれも快勝で2回戦へと駒を進めた。吉村はカリモフにストレートで勝利。フォアハンドの強打で得点を重ねるなど、持ち味を発揮して次戦へと駒を進めた。

  丹羽は開催国タイのワンジリと対戦。第2ゲームこそ、ジュースにもつれたが、このゲームを奪うと、第3、第4ゲームを連取して勝ち上がりを決めた。

 日本選手のほか、張継科、許昕らが3回戦進出を決めている。なお、優勝候補の一人でもある馬龍(中国)は腰のけがのため、シングルスを棄権した。



卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com
今大会の模様は卓球レポート12月号(11/20発売)に掲載予定です。