大会報道

第22回アジア選手権大会5日目⑤ 〜男子シングルスは日本選手全員が2回戦突破〜

2015.10.01

<その他の国際大会>

9月26日〜10月3日まで第22回アジア選手権大会がタイのパタヤスポーツスタジアムで開催されている。大会5日目は男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの個人戦種目が行われる。男子シングルスは2回戦が行われ、吉村、森薗、村松、丹羽、大島のシングルスに出場している日本の全選手が3回戦進出を果たした。


150930-13.jpg森薗は連戦で疲労が蓄積される中、打ち合いを制した

150930-14.jpg軽快なフットワークで、相手の攻撃を封じ込めた村松

150930-15.jpg大島は威力のあるボールで相手を押し切った

150930-16.jpg張継科はゲラシメンコに2ゲームを奪われたが勝利

 

<男子シングルス2回戦>

吉村 11、7、12、11 ケルブガノフ(カザフスタン)

森薗 7、1、-11、6、-8、8 イブラヒム(マレーシア)

村松 5、9、4、5 タンビリヤベチャクル(タイ)

丹羽 6、8、9、-8、4 リン(シンガポール)

大島 2、11、5、6 ヌグエン(ベトナム)


 男子シングルス2回戦には日本の5選手が出場した。シングルス、男子ダブルス、混合ダダブルスと全種目にエントリーしている森園はひじから肩にかけてテーピングを巻いて試合に臨んだ。試合途中で左肩を気にする様子も見せたが、イブラヒムとの打ち合いを制して3回戦進出を決めた。

 森薗と同じく3種目に出場している大島は、着実に進化しているバックハンドとフォアハンドでヌグエンを押し切り、ストレート勝ち。3回戦ではグナナセカラン(インド)と対戦する。

 シングルスのみのエントリーの村松は開催国タイのタンビリヤベチャクルを破った。序盤からカットだけではなく、フォアハンドの強打を多く取り入れて、流れをつかむと、前後左右に軽快な動きで相手の攻撃をはね返した。3回戦は強打を誇る張禹珍(韓国)との一戦になる。

 男子シングルス4回戦は大会6日目の10時(日本時間:12時)から行われる。



卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com
今大会の模様は卓球レポート12月号(11/20発売)に掲載予定です。