大会報道

第22回アジア選手権大会5日目⑥ 〜男子ダブルス、女子ダブルスのベスト8が決定〜

2015.10.01

<その他の国際大会>

9月26日〜10月3日まで第22回アジア選手権大会がタイのパタヤスポーツスタジアムで開催されている。大会5日目は男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの個人戦種目が行われた。男子ダブルス、女子ダブルスはそれぞれ3回戦が行われ、ベスト8が決定した。日本勢は出場したすべてのペアが準々決勝進出を果たした。


150930-19.jpg丹羽/吉村はインドペアとの打ち合いを制した

150930-20.jpg森薗/大島は最後まで気持ちの入ったプレーを見せた

150930-17.jpg福原/若宮は相手を左右に揺さぶり、快勝

150930-18.jpg各ゲームとも接戦になるも、要所を締めた平野/伊藤

 

<男子ダブルス3回戦>

丹羽/吉村 8、12、3 グナナセカラン/シェティ(インド)

森薗/大島 5、6、-6、6 チェ・イル/パク・シンヒョク(朝鮮民主主義人民共和国)

 

<女子ダブルス3回戦>

福原/若宮 7、4、7 コムウォン/サウェッタブット(タイ)

平野/伊藤 8、8、10 陳思羽/鄭先知(台湾)


 丹羽/吉村ペアは、インドペアとの大きなラリー戦を制して流れに乗った。丹羽、吉村ともにフットワークよく相手の強打に打ち負けないプレーを見せた.第2ゲームは接戦となったが、そこを乗り切ると、第3ゲームは落ち着いたプレーで勝利。明日の準々決勝では荘智淵/江宏傑(台湾)とメダルをかけた争いに臨む。

 両者ともに個人戦3種目に出場している森薗/大島ペアは疲労が蓄積される中、チェ・イル/パク・シンヒョクを破った。前陣で森薗がさばき、後陣で大島がドライブを決める形が明確であり、それぞれが自身の役割をきっちりと果たして粘る相手を突き放した。


 女子ダブルスでは、福原/若宮、平野/伊藤がそれぞれ、連係の良さを見せて8強進出を決めた。

 福原/若宮はコムウォン/サウェッタブットに対して、ワイドに攻める丁寧なコース取りで得点を重ねた。開催国としての意地を見せたいタイペアに最後まで付け入る隙を与えることなく、勝利を収めた。明日は4強進出をかけてキム・ヘソン/リ・ミギョン(朝鮮民主主義人民共和国)と対戦する。

 平野/伊藤は最初から最後まで競り合いとなるも、台上プレーで相手を上回り、8強進出を果たした。勝負どころで得点を挙げる精神面での強さも見せた二人。明日の準々決勝では、宋マウン/劉恩寵の韓国ペアと戦う。



卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com
今大会の模様は卓球レポート12月号(11/20発売)に掲載予定です。