大会報道

第22回アジア選手権大会6日目① 〜男子シングルスで大島が16強入り〜

2015.10.01

<その他の国際大会>

9月26日〜10月3日まで第22回アジア選手権大会がタイのパタヤスポーツスタジアムで開催されている。大会6日目は前日に引き続き、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスが行われる。男子シングルス3回戦に日本の5選手が臨んだが、4選手が接戦の末に敗退。大島が唯一、ベスト16に勝ち進んだ。


151001-01a.jpg大島はフォアハンドの強打でインド選手を圧倒

151001-02a.jpg肩に痛みを抱える吉村はフルゲームの末に敗れた

151001-03a.jpg森薗は廖振珽に先手をとられ、リズムをつかめなかった

151001-04a.jpg死力を尽くした村松。ベスト16にあと一歩及ばず

151001-05.jpg丹羽は3対1とリードするも、勝利には至らなかった

 

<男子シングルス3回戦(日本選手関係)>

チェ・イル(朝鮮民主主義人民共和国) -5、6、-9、8、-6、9、8 吉村

廖振珽(台湾) 9、7、-8、7、-9、4 森薗

張禹珍(韓国) -8、4、-11、-7、10、5、10 村松

江宏傑(台湾) 10、-7、-8、-9、9、7、6 丹羽

大島 7、8、6、-11、6 グナナセカラン(インド)


 男子シングルス3回戦には日本の5選手が登場。大島がグナナセカランに勝利したが、吉村、森薗、村松、丹羽は接戦で競り負けて3回戦で姿を消した。

 肩に痛みを抱えながら大会を戦う吉村は、チェ・イルをリードする展開となったが、大きなラリーになったときに打ち負けてしまい、ベスト16入りとはならなかった。試合後「肩に痛みはありますが、今日はわりと良い状態で臨めました。本当はバックストレートをうまく使っていきたかったのですが、バックが入らないためにフォア対フォアになってしまい、相手の有利な戦いになってしまったと思います」と試合を振り返った。

 森薗はレシーブから積極的に攻めてくる廖振珽のプレーに苦しめられた。苦しい試合展開が続く中、気迫を前面に出したプレーで一矢を報いるも、2対4で3回戦敗退となった。

 丹羽は江宏傑を3対1とリードするも、そこから逆転負けを喫した。「中盤から相手が勢いに乗ってきたのに対して、ボールを入れるだけになり、自分の得意なパターンに持ち込むことができませんでした」と、勢いに乗る相手に受け身になってしまったことを敗因に挙げた。

 村松は張禹珍に勝利まであと一歩のところまで迫ったが、悔しい逆転負け。3対1で迎えた第5ゲームは10-6とマッチポイントを握りながらもあと一点を奪うことができなかった。村松はこの場面を振り返り、「相手は勝負を諦めていたように見えましたが、そこで僕が勝ちを意識しすぎてしまいました」と語った。また、「自分のプレーの引き出しが少ない」と話し、終盤を戦う上でのバリエーションの不足を今後の課題として挙げた。

 大島は日本選手で唯一16強入りを果たした。序盤からフォアの打ち合いで優位に立ち、グナナセカランに快勝。4回戦では鄭榮植(韓国)と対戦する。



卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com
今大会の模様は卓球レポート12月号(11/20発売)に掲載予定です。