大会報道

第22回アジア選手権大会6日目② 〜大島/若宮は混合ダブルス決勝進出ならず〜

2015.10.01

<その他の国際大会>

9月26日〜10月3日まで第22回アジア選手権大会がタイのパタヤスポーツスタジアムで開催されている。大会6日目は前日に引き続き、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスが行われる。混合ダブルス準決勝では日本の大島/若宮が決勝進出をかけて樊振東/陳夢と対戦したが、2対4で敗れ、準決勝敗退となった。


151001-06.jpg大島/若宮は中国ペアの前に決勝進出ならず

151001-07.jpg2ゲームを奪い、勝利に迫ったが及ばなかった

151001-08.jpg中国ペアは樊振東のチキータを中心に得点を重ねた

151001-09.jpgもう一方の準決勝ではヤン・ズィ/ユ・メンユが決勝に進出

 

<混合ダブルス準決勝>

樊振東/陳夢(中国) -6、8、5、7、-9、7 大島/若宮(日本)

ヤン・ズィ/ユ・メンユ(シンガポール) 6、5、-7、9、-13、13 チェ・イル/リ・ミギョン(朝鮮民主主義人民共和国)


 混合ダブルス準決勝に大島/若宮が臨んだ。「奇数のセットは回りが良かったのでチャンスがあった」と試合後に二人が語ったとおり、第1ゲームは優位な展開で試合を進めて先制点を挙げた。しかし、第2ゲームを落とすと、続く第3、第4ゲームも失い、1対3と追いつめられた。第5ゲームこそ、接戦をものにして奪ったが、最後は中国ペアの攻撃を止めることができず。決勝進出とはならなかった。試合後、大島は「僕のサービスが樊振東にチキータされて失点につながることが多かったので、サービスの精度を高めていきたい」と語った。一方の若宮は「こちらが不利な回りのときに思い切ってせめて行ければ良かった」と試合を振り返り、課題を口にした。

 もう一方の準決勝はヤン・ズィ/ユ・メンユのシンガポールペアが決勝進出を果たした。レシーブから積極的にせめて行く姿勢を最後まで貫き、厳しい戦いを制した。決勝はこのあと、21時30分(日本時間:23時30分)から行われる



卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com
今大会の模様は卓球レポート12月号(11/20発売)に掲載予定です。