大会報道

第22回アジア選手権大会6日目⑥ 〜女子シングルスのベスト4が決定。日本勢は4強入りならず〜

2015.10.02

<その他の国際大会>

9月26日〜10月3日まで第22回アジア選手権大会がタイのパタヤスポーツスタジアムで開催されている。大会6日目は前日に引き続き、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスが行われた。女子シングルスでは準々決勝が行われ、ベスト4進出者が決まった。福原、伊藤はともに中国選手に敗れ、4強入りとはならなかった。


151001-20.jpg福原はバックハンドを軸に陳夢に迫ったが一歩及ばず

151001-21.jpg敗れたものの、伊藤は朱雨玲を相手に善戦した

151001-23.jpg劉詩雯は馮天薇とのラリー戦に敗れて準々決勝敗退

 

<女子シングルス準々決勝>

木子(中国) 4、3、6、8 宋マウン(韓国)

朱雨玲(中国) 6、4、5、-8、-20、9 伊藤

陳夢(中国) 7、9、8、5 福原

馮天薇(シンガポール) 7、-7、-8、6、7、11 劉詩雯(中国)


 福原は陳夢と対戦。緩急をつけたバックハンドで陳夢を崩すなど、各ゲームともに中盤までは競り合ったが、そこから陳夢を上回ることができなかった。多彩な技術で相手を揺さぶるプレーが効果的だったが、陳夢の回転量の多いドライブを軸にしたプレーに苦しんだ。

 伊藤は2ゲームを奪うなど、朱雨玲を脅かすプレーを見せた。第1ゲームから第3ゲームは中盤までは競り合うことができたが、そこから朱雨玲の攻撃にあい、ゲームを連取された。追いつめられた伊藤は「0対3になったときに気楽になってプレーできた」と語った通り、第4ゲームは迷いなく強打を打ち込み、ラリーの主導権を握り、ゲームを奪取した。第5ゲームも一進一退の攻防が続き、互いに一歩も譲らない展開となったが、最後は伊藤が抜け出して22-20でゲームを連取した。第6ゲームもマッチポイントを握られたところから粘りを見せたが、逆転勝利とはならなかった。

 試合後、伊藤は「最初は(朱雨玲のボールの)回転量が多く、戸惑う部分がありましたが、中国人選手の中では1番(勝利の)可能性があると感じました。世界卓球で李暁霞選手と対戦したときもそうでしたが、こうやってラリー戦を主体にする選手とラリーで競れるようになったことは良い点だと思います。また、第4ゲーム以降のようなプレーができたことは自分に取って収穫でした。私自身試合をしていておもしろかったですし、今回の対戦で少し攻略法を見つけることができました」と朱雨玲戦を振り返り、収穫と課題を口にした。

 このほか、優勝候補の一人だった劉詩雯は馮天薇との打ち合いに敗れた。持ち味である前陣でのスピード感あふれる攻撃を発揮することができず、準々決勝敗退となった。

 なお、女子シングルスの準決勝と決勝は大会7日目に行われる。組み合わせは以下の通り


<女子シングルス準決勝>

木子(中国) ー 朱雨玲(中国)

陳夢(中国) ー 馮天薇(シンガポール)


卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com
今大会の模様は卓球レポート12月号(11/20発売)に掲載予定です。