大会報道

第22回アジア選手権大会最終日① 〜男子シングルスは樊振東と許昕が決勝進出〜

2015.10.03

<その他の国際大会>

9月26日〜10月3日まで第22回アジア選手権大会がタイのパタヤスポーツスタジアムで開催されている。大会最終日は男子シングルス、女子ダブルスのチャンピオンが決まる。男子シングルスは準決勝が行われ、樊振東と許昕が決勝進出を決めた。


151002-01.jpg樊振東が荘智淵との激闘を制して決勝進出

151002-02.jpg荘智淵は気迫あふれるプレーを見せたが及ばず

151002-02.jpg許昕は最後まで相手を圧倒するプレーで快勝

151002-02.jpgウォン・チュンティンは許昕を崩すことができなかった

 

<男子シングルス準決勝>

樊振東(中国) 7、-7、10、-9、7、7荘智淵(台湾)

許昕(中国) 7、2、10、-10、10 ウォン・チュンティン(香港)


 準決勝第1試合は樊振東対荘智淵の対戦。第1ゲームは樊振東がペースを握り先制点を挙げたが、第2ゲームはフォアの引き合い、バック対バックいずれも荘智淵が樊振東に打ち勝って11-7でゲームを奪った。

 第3ゲームも荘智淵がゲームの主導権を握り、先にゲームポイントを握ったが、10-9まで追い上げられた。このゲームを是が非でもとりたい荘智淵はここでタイムアウトを要求した。しかし、このタイムアウトも実らず追いつかれると、最後は樊振東が巧みなコース取りで荘智淵のフォアサイドを突いて逆転でこのゲームを取った。続く第4ゲームも互いに一歩も引かない激しい打ち合いが繰り広げられたが、荘智淵が意地でこのゲームを取り、ゲームカウントを2対2とした。

 勢いに乗りたい荘智淵だったが、第5ゲーム、第6ゲームは中盤以降で樊振東に引き離され、惜敗。先にゲームポイントを迎えた第3ゲームを撮れなかったことが最後まで響いた。

 許昕対ウォン・チュンティンの中国式ペンを使う両者による一戦は許昕が台上プレーでウォン・チュンティンの上を行き、快勝。強打を誇るウォン・チュンティンに対して、序盤から精度の高いレシーブを見せて、相手の持ち味を封じ込めた。自身のサービスからの展開でも確実に得点を挙げるなど、同じ戦型の相手を圧倒して決勝へと駒を進めた。

 対するウォン・チュンティンは第3ゲーム以降、前陣でのリスクを背負ったプレーで許昕に迫ったが、相手のサービスに最後まで苦しんだ。

 


卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com
今大会の模様は卓球レポート12月号(11/20発売)に掲載予定です。