大会報道

第22回アジア選手権大会最終日② 〜女子ダブルスで平野/伊藤が決勝進出!〜

2015.10.03

<その他の国際大会>

9月26日〜10月3日まで第22回アジア選手権大会がタイのパタヤスポーツスタジアムで開催されている。大会最終日は男子シングルス、女子ダブルスのチャンピオンが決まる。女子ダブルス準決勝は平野/伊藤ペアが姜華珺/帖雅娜(香港)をストレートで破り、決勝進出。18時から行われる決勝戦で金メダル獲得を目指す。


151002-05.jpg平野/伊藤ペアが快勝!決勝進出を決めた

151004-02.jpg息の合った連係プレーで香港ペアを寄せ付けなかった

151002-02.jpg姜華珺/帖雅娜は日本ペアの前に勝機を見出すことができず

 

<女子ダブルス準決勝>

平野/伊藤 6、7、9、7 姜華珺/帖雅娜(香港)

キム・ヘソン/リ・ミギョン(朝鮮民主主義人民共和国) 棄権 陳夢/朱雨玲(中国)


 平野/伊藤は第1ゲームから相手を圧倒。姜華珺/帖雅娜を相手に3球目の強打を決めるなど、最高の立ち上がりを見せた。続く第2ゲームでも長いラリー戦を制して会場の観客を沸かせるなど絶妙な連係プレーでゲームを連取した。

 迎えた第3ゲームは平野のフォアハンド、伊藤のバックハンド強打で得点を重ねるも、香港ペアも前陣で速攻を決めるなど終盤までもつれる接戦となった。しかし、この大事な局面でも日本ペアは全く動じることなく、相手を上回る速攻を見せて11-9で制した。

 第4ゲームも終始、自分たちのペースでゲームを進め、第16回大会の小西杏/福原愛ペア以来の女子ダブルス決勝進出を決めた。

 なお、もう一方の準決勝は昨日、女子シングルスの決勝で負傷した陳夢のけがのためか、中国ペアが棄権。この結果、決勝は平野/伊藤対キム・ヘソン/リ・ミギョンの対戦となることが決まった。女子ダブルスの決勝は18時(日本時間:20時)から行われる。

 


卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com
今大会の模様は卓球レポート12月号(11/20発売)に掲載予定です。