大会報道

第22回アジア選手権大会最終日③ 〜男子シングルス決勝は樊振東が許昕との同士打ちを制す〜

2015.10.03

<その他の国際大会>

9月26日〜10月3日まで第22回アジア選手権大会がタイのパタヤスポーツスタジアムで開催されている。大会最終日は男子シングルス、女子ダブルスのチャンピオンが決まる。男子シングルス決勝は樊振東が許昕を破り、チャンピオンの座についた。


151002-05.jpg樊振東が許昕との死闘を制して初優勝!

151004-02.jpg許昕は0対3から追いつくも、優勝には一歩届かなかった


 

<男子シングルス決勝>

樊振東(中国) 10、2、10、-7、-9、-11、9 許昕(中国)


 質の高いラリーを繰り広げた樊振東と許昕だったが、最後は樊振東が気迫のプレーでハイレベルな決勝戦を制した。

 第1ゲームから接戦となったが、厳しいコースを突いたレシーブで許昕に思うように強打させない樊振東がジュースの展開を制した。これで勢いに乗った樊振東は続く第2ゲーム、第3ゲームを連取して、早々に王手をかけた。 追いつめられた許昕だったが、ここから息を吹き返した。樊振東の短く止めたボールをフォアフリックで強打するなど、積極的な攻撃で第4ゲームを奪うと、第5ゲームは相手にリードを許す場面がありながらも、ぎりぎりのところで踏ん張り、得点を重ねた。第6ゲームも息を飲むような激しいラリーが展開されたが、樊振東の両コーナーへの揺さぶりに対しても、裏面打法を駆使してしのいだ許昕がジュースの接戦を制した。

 会場の観客も樊振東、許昕に大声援を送る中迎えた最終ゲームは出だしで樊振東が3-0とリードするも、そこから許昕が5連続得点を挙げた。しかし、ここで樊振東は離されず、チキータからの展開とラリー戦で打ち勝って逆転。10-8とマッチポイントを握った。最後は許昕の粘りにもあったが、11-9で熱戦に終止符を打った。勝利の瞬間、樊振東は雄叫びを挙げ、長い激闘の末に勝利した喜びを爆発させた。

 


卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com
今大会の模様は卓球レポート12月号(11/20発売)に掲載予定です。