大会報道

第22回アジア選手権大会最終日④ 〜女子ダブルス決勝、平野/伊藤は優勝ならず〜

2015.10.03

<その他の国際大会>

9月26日〜10月3日まで第22回アジア選手権大会がタイのパタヤスポーツスタジアムで開催された。大会最終日は男子シングルス、女子ダブルスのチャンピオンが決まった。女子ダブルス決勝は日本の平野/伊藤がキム・ヘソン/リ・ミギョン(朝鮮民主主義人民共和国)に挑んだが、相手の強打に苦しみ、優勝にあと一歩届かなかった。


151004-02.jpg日本ペアは金メダル獲得には至らず

151002-10.jpg平野/伊藤ペアはゲームの主導権を握ることができなかった

151004-02.jpgキム・ヘソン/リ・ミギョンは強打で日本ペアを破った

 

<女子ダブルス決勝>

キム・ヘソン/リ・ミギョン(朝鮮民主主義人民共和国) 3、10、5、7 平野/伊藤


 平野/伊藤は第1ゲームから相手のキム・ヘソン/リ・ミギョンの強打に苦しめられた。特に左のリ・ミギョンのワイドに打ち分けるフォアハンドドライブを止めきることができず、第1ゲームを落とした。続く第2ゲームはリードして終盤を迎えたが、積極的な姿勢を崩さないキム・ヘソン/リ・ミギョンに逆転で奪われた。第3、第4ゲームも勢いに乗る相手の攻撃を止めることができなかった平野/伊藤。決勝まで進んだものの金メダル獲得はならなかった。

 試合を振り返った平野は「何もできずという感じでした。相手のペースで試合が終わってしまいました。相手に動かされて自分たちの決め球の質が低くなってしまったので、今後は動かされたときにどう対応していくかを考えていきたいです。また、台上プレーの質を高めていきたいです」と、語った。

 また、伊藤は「相手ペアに左右に打ち分けられたため、非常に難しい試合展開となってしまいました。台の近くでプレーすることで反撃できればと思っていましたが、なかなかうまくいきませんでした。今後は相手に強打をさせないような展開をつくり出すなどの対策をしていければと思います」と試合を振り返り、今後に向けての課題を口にした。

 


卓レポツイッター:https://twitter.com/takurepo
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com
今大会の模様は卓球レポート12月号(11/20発売)に掲載予定です。