大会報道

全日本卓球2016 混合ダブルス3回戦はベスト16が決まる

2016.01.12

<全日本卓球選手権大会>

1月11〜17日まで平成27年度全日本選手権大会が開催されている。大会2日目は男子ダブルス1〜2回戦、女子ダブルス1〜2回戦、混合ダブルス2〜3回戦、ジュニア男子2〜3回戦が行われた。混合ダブルスでは3回戦が行われ、ベスト16が決まった。

 

松平(右)/若宮は手堅いプレーで16強入り
 
及川(左)/宋は劣勢の局面から逆転勝利
 
連係の良さが光る平野(右)/鈴木
 
渡辺(右)/山本の大学生ペアも16強に進出
 

 混合ダブルスは3回戦が終了し、ベスト16が決まった。昨年決勝に進出した松平/若宮(協和発酵キリン/日本生命)は弓取/早田(希望が丘高/石田卓球クラブ)の若手ペアに勝利し、順当に4回戦進出を決めた。

 昨年ベスト8の及川/宋(青森山田高/中国電力)は鹿屋/高橋(リコー/早稲田大)と対戦。序盤は鹿屋の積極的なレシーブに苦しみ、0対2と劣勢に立たされたが、中盤以降は宋の台上プレーなどが光り、形勢逆転。及川の攻撃も決まり出し、3対2と逆転を果たした。

 このほか、平野/鈴木はコンビネーションの良さを見せて定松/弓取(中央大/金城大)に3対1で勝利。また、渡辺/山本(明治大/中央大)の大学生ペアも勝利してベスト16入りを果たした。



詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2016/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2015/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。