大会報道

全日本卓球2016 激闘がくり広げられたジュニア女子4回戦

2016.01.13

<全日本卓球選手権大会>

1月11〜17日まで平成27年度全日本選手権大会が開催されている。大会3日目は男子シングルス1〜2回戦、女子シングルス1〜2回戦、混合ダブルス4回戦〜準々決勝、ジュニア男子4回戦〜準々決勝、ジュニア女子4回戦〜準々決勝が行われる。ジュニア女子4回戦では、各コートで熱戦が展開された結果、早田(石田卓球クラブ)、平野(JOCエリートアカデミー)らが5回戦進出を果たした。

 

早田は厳しい状況を乗り越えてベスト16入り
 
平野は中盤以降は安定した両ハンドで得点を重ねた
 
ゲームオールの死闘を制した浜本
 
梅村は変化をつけたプレーで加藤に勝利
 
加藤は最後までくらいついたが、逆転ならず
 

 各試合ともに接戦になったジュニア女子の4回戦。昨年2位の早田も長崎(JOCエリートアカデミー)に苦しみながら勝利を収めた。序盤から長崎のサービスと精度の高いバックハンドドライブに苦戦して1ゲームを先取されたが、回転量の多いドライブを軸にラリーを展開して2ゲームを連取。第4ゲームを奪われ、最終ゲームも1-5とリードされたが、そこから気迫のプレーで巻き返して勝利。ベスト16入りを果たした。

 第2シードの平野も弓立に第1ゲームで0-7とリードされる厳しいスタートとなったが、ここからラリー戦で着実に点差を縮めて11-9で先制点を挙げた。その後、弓立のテンポの速い攻撃に苦戦する場面もあったが3対1で勝利。5回戦では笹尾(横浜隼人高)と対戦する。
 
 その一方で、一昨年のジュニア女子を制した加藤(礼武道場)は梅村(四天王寺高)に1対3で敗戦。梅村の異質ラバーを駆使したプレーを最後まで崩しきれず、4回戦敗退となった。このほか、浜本(JOCエリートアカデミー/大原学園)、橋本(四天王寺高)らがベスト16入りを果たした。



詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2016/
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2015/

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。